ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
ミャンマー現地情報 ヤンゴンナウ
ミャンマー基本情報 国内線、バス、列車情報 ホテル情報、予約 ミャンマー旅行手配 文化紹介 ミャンマーを読む、聴く ミャンマーからの最新情報 その他サービス
ミャンマーから毎日お届けする街角ニュース ミャンマーの作家から 日本人によるエッセイ ミャンマー最新ヒットチャート
ヤンゴン・ナウとは?

News from Yangon (Rangoon)
ヤンゴン便り 2002年6月

2002/06/28
最近市内で見かける広告塔です。パリにあるエッフェル塔や新凱旋門などが登場します。車の中からいつも何気なく見ていたのである時(非常に鈍い)これはタバコの広告で、今ミャンマー人に1番人気のあるタバコ「ロンドン」を意識したネーミングだと遅まきながら気がつきました。どちらの製品もフランスやイギリスとは全く無関係です。この他「AMERICAN VISION」という眼鏡屋が大当たりを取ると、次に出店した店の名前が「UNITED VISION」といった感じです。「MR DOUNUT」をイメージした「MR J DOUNUT」「BURGER KING」をまねて「BURGER QUEEN]というのもあります。まだまだ捜せば笑っちゃうくらいマネマネの名前が横行しています。(K.K)

2002/06/27
ミャンマーにはたくさんの「ことわざ、サガボン」があります。ことわざは、歴史的に古かったり、韻を含んでいたりしますが。ソーヨーザカーの方は, もっと生活に密着した事柄を言い表しているものが多く見られます。「土曜に降る雨は1日中降る。」というのもそれですし、「ブスの鏡好き」日本で茶柱が立つと吉といいますが、「ゴキブリが飛ぶと吉兆」「宝くじは金持ちに当たる」いろいろありますが、私のお気に入りは、ビルマ人気質を言いえた「中国人のように働き、インド人のように貯めて、ビルマ人のように浪費するな!」という言葉です。 私の周りでも金が有ればすぐ使ってしまうビルマ人が多いようです。(K.K)

2002/06/26
何度かヤン便りでも取り上げた話題ですが、6月新学期が始まってあちこちの学校の前では、お迎え車のオンパレードで昼の3時頃は、学校が有る道は何所でも渋滞になります。特にバハンという高級住宅地にあって、道路も狭いこの地帯は、私もヤンゴン外国語大學の授業が午後3時に終わりますので、毎日この渋滞と鉢合わせになります。毎日の事ですが、こんなに何十台もの乗用車やタクシーが連ねて、日本よりよほど裕福な国のようです。子供にかける情熱は日本の比ではありません。(K.K)

2002/06/25
雨季真っ只中、ヤンゴンは毎日雨です。土曜日も早朝東の空が一面の雨雲で覆われていました。まもなく降りだして1日中雨でした。次の日曜日も1日中降り続き、側溝で流れきれない雨水は、道路を河に変えてしまいます。車はモーターボートのように水しぶきをあげて走り去っていきます。よく言われる言葉(ソーヨーザカー)に、「土曜に降る雨は1日中降る」と言う言葉があり、まさにその言葉とうりの土曜日でした。(K.K)

2002/06/24
先日ヤカイン族の結婚式にはじめて行ってきました。会場はダウンタウンから車で1時間以上も離れていて、尤も会場が分らなくていろいろ道に迷った挙句到着したので遅くなったのもありますが、ミャンマーの結婚式はダラダラ始まってだらだら終わるので、少々遅くなってもかまいません。ビルマ族の結婚式には10数回出席した事があります。あと中国系、シャン族、日本人とカレン族の結婚式なども出席した事がありましたが、ヤカイン族は初めてですので興味を持って行ったのですが、ビルマ族の結婚式とあまり変わりませんでした。ただし出席している人達の言葉がヤカインなまりのため、全く理解できませんでした。花婿は私が住むアパートの建築エンジニヤーだった人で、この後シンガポールに働きに行くと言っていました。(K.K)

2002/06/21
オシロイバナ(花は朝顔に酷似)の花を乾燥させたもので、長寿、心臓病、糖尿病など万能薬として売られています。ミャンマーでは昔からナッパン(天国の花)と呼ばれる、天国に咲く花があり、その花は万能薬として知られていました。実際は存在しないのですが、オシロイバナの花はナッパンと同様の効用があると言う意味で、現在パーリ語でミッズタカ(ナッパン)として呼ばれています。

2002/06/20
雨季が始まったというのに、市内ではダウンタウンの東の端、パズンダン市場の所からここ私は住むタムエーの街まで、新しい電線に交換する工事が連日行われていました。電柱も変えるのでかなり大変な作業です。これで送電も良くなって停電が減ればいいのですが、、、、、?(K.K)

2002/06/19
この公園は子供が多いので、よくいろいろな物売りがくるのですが、変てこな屋台のアイスキャンディー屋を見かけました。写真のように円盤がついています。この円盤には数字の「1.2.3」が書かれています。キャンディーを買いたい子供は、この円盤を回して例えば数字の「3」のところで円盤が止まったら、アイスキャンディーが3本もらえるというわけです。1本の値段で3本になるというので、子供も真剣です。賭け事、宝くじが大好きなミャンマー人、子供の頃からこうやって「くじ運」を鍛えているのでしょうか?(K.K)

2002/06/18
身長、体重を測定するものが家庭にない人は、露天で測ることができます。ボージョーマーケットの中には体重、身長測定機があり一回5チャットで測定できます。ここの機械は測定後、占いが印刷されてくるので人気です。

2002/06/17
白檀を販売している露天商です。8cmX1cmぐらいのもので100チャット。追加料金を払えば、3日間ほどでこちらの希望する彫刻まで仕上げてくれます。

2002/06/14
弊社事務所近くでビルの解体現場に出会いました。これから8階建てのビルを建設するとのこと。解体されたものはすべて販売することができ、たとえばレンガは潰れたものだとトラック1台6500チャット(車代込み)、使用できるものは11000チャット(車代込み)で販売することができます。

2002/06/13
リサイクルの国ミャンマー。弊社事務所が入っている事務所は雑貨の問屋が集まっていることもあり、ダンボールが大量に出ます。そのため、そのダンボールを引き取る業者もおり、現在はダンボールの大きさにより1ボックス130チャットからで引き取ってくれます。購入する場合は150-400チャット。

2002/06/12
中華街でシャン州タウンジー近郊からヤンゴンにポテトチップスやお茶などシャンのお茶などを売りにきている女性を見つけました。彼女兄弟達4名と3回乾期の時期にヤンゴンに売りにくるそうです。毎日ヤンゴン市内を移動して販売しているそうですが、最近はあまり売れなく困っているそうです。最もよく売れるのはポテトチップスとお茶の葉。ポテトチップスは1ビス2000チャット。

2002/06/11
昔は村人達がよく吸った葉製タバコです。トウモロコシの葉っぱで巻いて中身はシガーを入れて縛られてまます。小さい末端にブランドの名前を張って大きい末端から火をつけて吸う事ができます。タバコですが蚊取り線香として使われているのを見かけます。

2002/06/10
ワールドカップ一色のミャンマー。今年はミャンマーのテレビ局では放送されていませんので、ワールドカップを放映する場所には人が群がっており、多くの場所では一人100チャットで試合が観戦できます。また、毎週発行されるジャーナルもスポーツ誌を中心にこの期間のみ数誌が毎日発行しています。

2002/06/7
雨季の果物の一つであるドリアンです。ミャンマーとタイ二種類が売られています。ミャンマーのドリアンの中でモールメイン産のドリアンが一番おいしいと言われています。一個500チャットからです。

2002/06/6
先日台所の日本食の食材をしまっている棚に、ゴキブリが居ました。この家に越してきて1年以上たちますが今までほとんど見かけなかったのですが、、、雨季に関係有るのでしょうか?身近な所では虫類は、蟻、これは本当に何処でも居ます。蚊,昨年は日本人が3、4人デング熱にやられましたので注意が必要です。ハエも本当に多いのですが、日本のハエに比べると動作も鈍く手で捕まえられたりします。そして日本人が1番嫌がるのがゴキブリです。以前住んでいた住居は、下の階が市場になってましたので、やはり階上にもゴキブリがかなり出没していました。丁度日本人の友人の男女が私の部屋に遊びに来ていたとき、大きなゴキブリがゴソゴソと現れると,2人とも椅子の上に避難してワーワー騒いでいるので何事かと思ったミャンマー人がさっと手で掴んで廊下にゴキブリを逃がしてやっていました。私もゴキブリだけは苦手で見つけたらホウキで叩いたりしてましたが、ミャンマー人は「殺さないで!」と言っていつも手で捕まえて外に逃がしてやっています。ここで考えるにゴキブリを不当に不潔視して、「ひどく汚いもの」と日本人は子供の時分から頭に刷り込まれているのでしょう。ミャンマー人はゴキブリが居る家は裕福な証拠だと言ったり、ゴキブリが飛ぶと運が良くなるとか言うそうです。(K.K)

2002/06/5
雨季ですここのところ毎日雨が降りつづけています。それでも少年達は雨にも負けずサッカーゲームに興じています。その際に短いパンツの子達に混じって、写真のようにロンジーをクルクルとまいて後ろに挟み込んで、まるで短パンのような形にして、遊んでいる子達を見かけます。ロンジーは本当にいろんな形いろんな用途に使えます。汗を拭くのに使う人もいれば、行水する時はロンジーをはいたまま体を洗い、新しいロンジーを頭の方から履いて行って、古いほうを新しくはいたロンジーの下からスルリと落とします。体ふくのと着替えるのを同時にやってしまうわけです。最近若者のロンジー離れがだんだん目立ってきました。いずれすたれてしまうかもしれませんが、できるだけロンジーをかっこよくいつまでも着て欲しいと願うばかりです。(K.K)

2002/06/4
以前にも何でも手に入るヤンゴンとリポートした事が有りましたが、ユズナープラザをブラブラ歩きしていたら、またまた掘り出し物を見つけました。一つはチョースキンというミャンマーの女性歌手のVCDです、引退してすでに20年以上もたっている山口百恵さんの大ヒット曲「いい日旅立ち」をミャンマー語でカバーしています。百恵さんの曲はピーナッツ油のCMにも使われていたり、他の女性歌手もデビュー曲の「としごろ」を歌っていました。さてもう1枚はMAXのVCDです。この国には踊れて歌えてといった歌手がまだいないので、ミャンマー人と一緒にこのVCDを見たら、彼女達が本当に踊りながら歌っているのを信じられないと言っていました。先日はモーニング娘の武道館ライブが売っていましたが,何故か2枚組なのに1枚しか入ってないので、少しがっかりしましたが、台湾製か中国製のコピーだと思うのですが、本当にいろいろな不思議な日本製に出会えるので、ブラブラ歩きはやめられません。(K.K)

2002/06/3
本日、3ヶ月の夏休みを経てミャンマーの各学校の新学期がスタートしました。学校が始まると、ヤンゴンのお金持ちは子供の送迎にスクールバスはあまり使用せず自家用車をしようするので車の渋滞がひどくなります。

by マ・カインカインエー & 木村 健一 & 西垣 充

マガジン
ミャンマー便り
ミャンマーリポート
エッセイ
ヒットチャート
ヒットチャート
アルバム紹介
マガジントップへ
ミャンマー便り
 2010年10
 2010年09
 2010年08
 2010年07
 2010年06
 2010年05
 2010年04
 2010年03
 2010年02
 2010年01
 2009年12
 2009年11
 2009年10
 2009年09
 2009年08
 2009年07
 2009年06
 2009年05
 2009年04月
 2009年03月
 2009年02月
 2009年01月
 2008年12月
 2008年11月
 2008年10月
 2008年09月
 2008年08月
 2008年07
 2008年06
 2008年05
 2008年04
 2008年03
 2008年02
 2008年01
 2007年12
 2007年11
 2007年10
 2007年9
 2007年8
 2007年7
 2007年6
 2007年5
 2007年4
 2007年3
 2007年2
 2007年1
 2006年12
 2006年11
 2006年10
 2006年9
 2006年8
 2006年7
 2006年6
 2006年5
 2006年4
 2006年3
 2006年2
 2006年1
 2005年12
 2005年11
 2005年10月
 2005年9月
 2005年8月
 2005年7月
 2005年6月
 2005年5月
 2005年4月
 2005年3月
 2005年2月
 2005年1月
 2004年12月
 2004年11月
 2004年10月
 2004年9月
 2004年8月
 2004年7月
 2004年6月
 2004年5月
 2004年4月
 2004年3月
 2004年2月
 2004年1月
 2003年12月
 2003年11月
 2003年10月
 2003年9月
 2003年8月
 2003年7月
 2003年6月
 2003年5月
 2003年4月
 2003年3月
 2003年2月
 2003年1月
 2002年12月
 2002年11月
 2002年10月
 2002年9月
 2002年8月
 2002年7月
 2002年6月
 2002年5月
 2002年4月
 2002年3月
 2002年2月
 2002年1月
 2001年12月
 2001年11月
 2001年10月
 2001年9月
 2001年8月
 2001年7月
 2001年6月
 2001年5月
 2001年4月
 2001年3月
 2001年2月
 2001年1月
 2000年12月
 2000年11月
 2000年10月
 2000年 9月
 2000年 8月
 2000年 7月
 2000年 6月
 2000年 5月
 2000年 4月
 2000年 3月
 2000年 2月
 2000年 1月