ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
ミャンマー現地情報 ヤンゴンナウ
ミャンマー基本情報 国内線、バス、列車情報 ホテル情報、予約 ミャンマー旅行手配 文化紹介 ミャンマーを読む、聴く ミャンマーからの最新情報 その他サービス
ミャンマーから毎日お届けする街角ニュース ミャンマーの作家から 日本人によるエッセイ ミャンマー最新ヒットチャート
ヤンゴン・ナウとは?

Essay by Nishigaki Satoe          
西垣 佐人江のエッセイ
9 ミャンマーエステ/マッサージ体験記-【エロス】編 2004/10/15
8 ミャンマーエステ/マッサージ体験記-L'ESPACE【レスパセ】編 2004/7/8
7 ヤンゴンマダム?のチャウンダ水祭り旅行記 --3日目-- 2000/4/21
6 ヤンゴンマダム?のチャウンダ水祭り旅行記 --2日目-- 2000/4/21
5 ヤンゴンマダム?のチャウンダ水祭り旅行記 --1日目-- 2000/4/21
4 ヤンゴンマダム?の生活奮闘記
--買い物編 Part3--
2000/3/5
3 ヤンゴンマダム?の生活奮闘記
--買い物編 Part2--
2000/2/29
2 ヤンゴンマダム?の生活奮闘記
--買い物編 Part1--
2000/2/22
1 ヤンゴンマダム?の生活奮闘記
---住居編---
2000/2/21
エッセイ
2004/10/15
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-エロス編

2004/7/8
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-L'ESPACE編

2004/6/17
ある日本軍兵士の慰霊碑

2004/4/22
ガパリビーチを楽しむ

2004/3/30
グエサウンビーチ紀行

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 中編

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 前編

2004/1/5
City FM 出演

2003/4/16
ザップエ

2003/2/9
ラッペイエの作り方教わったよ

まちのティーショップしらべ / バンブーハウス

2003/2/3
まちのティーショップしらべ / モダン

まちのティーショップしらべ / トウキョウシンジュク

2003/2/1
まちのティーショップしらべ / モーニングスター

まちのティーショップしらべ / ラーイエッ

2003/1/27
まちのティーショップしらべ / ユミコ

まちのティーショップしらべ / サンカフェジュニア

2003/1/24
まちのティーショップしらべ / セインティンチャ

まちのティーショップしらべ / レッユエッスィン

2003/1/16
まちのティーショップしらべ / ラッキーセブン

まちのティーショップしらべ / はじめに

2003/1/12
障害を乗り越えて

2002/12/31
ビルマに野球を

2002/12/16
歴史カードを使わない国ミャンマー

2002/12/5
ビヤガーデンの楽しみ方 (2)

2002/11/17
ビヤガーデンの楽しみ方 (1)

2002/11/13
泥棒を招き入れた話

2002/8/6
ある若い夫婦の物語

2002/3/12
ジョウピンター村に行く4

ジョーピンター村に行く1〜3

2001/10/11
テテモウの謎 2

2001/10/9
象の足

水が出た!

エッセイページのトップへ
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-L'ESPACE【レスパセ】編
  

by 西垣 佐人江

 素敵な笑顔で迎えてくれたシンガポール人のオリビアさん、サミットパークビューホテルの2FでL'ESPACEというフランスから材料を直輸入されているサロンのオーナーです。さてこのオリビアさんパッと見は全くすきのない印象というのが見うけられます。実際、ヘアスタイル・化粧・衣装、スタイル、肌のコンディションと柔らかな物腰まで完璧と、まさに美のエキスパートという感を覚えます。ただ年齢を推定するが難しいかも。それがかえって魅惑的な雰囲気をかもし出しているのかもしれません。やはりこれはこの道27年、美への追求という蓄積のたまものに相違ありません。ここでもまた27年もプロとして歩まれているのだったら年齢は?とふっと頭の中がクエスチョンで一杯になります。オリビアさんはこの27年という実績を生かしてここヤンゴンで人材育成にはげんでおられます。オリビアさんの元で学ばれた方は独立してお店を持たれた方もいるようです。

オーナーのオリビアさん

そんなオリビアさんの明るく落ち着いたサロンを入っていくと壁一面の賞状の数々に驚かされます。台湾、日本、イギリス、フランスで様々な美の資格を修得されています。(ちなみに日本では山野愛子のビュティーアーチストを修了しています。)そのせいでこのお店のメニューは豊富でお客のニーズに応えることができます。マッサージから始まり、タラソテラビー、アーユルヴェーダー、痩身、美顔、まゆげ、アイラインのタトゥ、ネイル、ヘアカット、カラーリングとここに来れば全てできるという状態です。しかも使う材料は全てクオリティーの高い輸入品で揃えています。

これが27年間の実績!

ここまで来たら「試してみたい!」と強く思うのが世の常です。数あるマッサージの中から私が試したのはRelaxing Swedish Massage With Lavender Essential Oils。1時間15分、22ドルのコースです。マッサージはほんのりと明るさが感じとられる静かな音楽が流れる部屋で、ベッドは顔をうつ伏せにしても苦しくないよう穴があいているのを使っています。まず最初に紙パンツを手渡され、それ一枚になりベッドにうつ伏せで寝ます。それ以降は極楽な時間が待っています。全身マッサージで(耳も含む)顔以外は全て、頭の頂きから足の先までのマッサージが待っているのです。

落ち着いた雰囲気のマッサージ室

オイルの感触とリズミカルなハンドタッチで夢の世界へ導いてくれます。それはまるで寒さでこわばった体が温かいお風呂に入ると体の筋肉がほぐれていくような、思わず「はぁー」と息をついて顔の筋肉がゆるみっぱなしになり人様に顔向けできない状態が続くのです。あー私って疲れてたんだなぁー。「こんな所も気持ちいいー、あーそこそこもっとー、気持ち良すぎるー。」と心の中で叫びながら素晴らしいハンドタッチを堪能し、ほのかに香るラベンダーで、いつの間にかまどろみ眠りにつくのです。気持ちのいい所に手が届く状態が続き、終わった後はこのリンパマッサージで体の中の老廃物が除去され、心身ともにすっきりリフレッシュされ元気になった感じがします。

フェイシャルも可能です

マッサージ終了後は、シャワーはせず髪の毛が気になるという方には隣室にあるヘアサロンでシャンプーとドライブローができます(料金別)。体に付いているオイルは全くべとつかず、ほのかにラベンダーのやさしい香りが全身を包み、いつまでも余韻に浸らせてくれる感じです。洗い流すには反対にもったいなく感じ、リッチなオイルをぬっているせいか乾燥肌の私にとっては肌が潤って滑らかになったのがうれしい限りです。ここミャンマーは日本に比べて太陽の日差しも強く旅疲れを癒す意味では、このような肌や身体をいたわってあげ日本での新たなる日々を迎えるのにはとてもいいのではないかと感じました。

ネール関係も充実

料金としてはちょっと高めかなと思うこともあるが、吟味された材料を輸入し、ここのオーナーであるオリビアさんの手を抜かない美へのこだわりの完璧さをこのサロンで体験すれば、いずれも納得のいくものであることが分かるはずです。最後にここでは男性のマッサージはもちろん美顔もできます。お試しくだされ。

(C) 西垣 佐人江