ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
ミャンマー現地情報 ヤンゴンナウ
ミャンマー基本情報 国内線、バス、列車情報 ホテル情報、予約 ミャンマー旅行手配 文化紹介 ミャンマーを読む、聴く ミャンマーからの最新情報 その他サービス
ミャンマーから毎日お届けする街角ニュース ミャンマーの作家から 日本人によるエッセイ ミャンマー最新ヒットチャート
ヤンゴン・ナウとは?

Essay by Nishigaki Satoe          
西垣 佐人江のエッセイ
8 ミャンマーエステ/マッサージ体験記-L'ESPACE【レスパセ】編 2004/7/8
7 ヤンゴンマダム?のチャウンダ水祭り旅行記 --3日目-- 2000/4/21
6 ヤンゴンマダム?のチャウンダ水祭り旅行記 --2日目-- 2000/4/21
5 ヤンゴンマダム?のチャウンダ水祭り旅行記 --1日目-- 2000/4/21
4 ヤンゴンマダム?の生活奮闘記
--買い物編 Part3--
2000/3/5
3 ヤンゴンマダム?の生活奮闘記
--買い物編 Part2--
2000/2/29
2 ヤンゴンマダム?の生活奮闘記
--買い物編 Part1--
2000/2/22
1 ヤンゴンマダム?の生活奮闘記
---住居編---
2000/2/21
エッセイ
2004/10/15
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-エロス編

2004/7/8
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-L'ESPACE編

2004/6/17
ある日本軍兵士の慰霊碑

2004/4/22
ガパリビーチを楽しむ

2004/3/30
グエサウンビーチ紀行

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 中編

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 前編

2004/1/5
City FM 出演

2003/4/16
ザップエ

2003/2/9
ラッペイエの作り方教わったよ

まちのティーショップしらべ / バンブーハウス

2003/2/3
まちのティーショップしらべ / モダン

まちのティーショップしらべ / トウキョウシンジュク

2003/2/1
まちのティーショップしらべ / モーニングスター

まちのティーショップしらべ / ラーイエッ

2003/1/27
まちのティーショップしらべ / ユミコ

まちのティーショップしらべ / サンカフェジュニア

2003/1/24
まちのティーショップしらべ / セインティンチャ

まちのティーショップしらべ / レッユエッスィン

2003/1/16
まちのティーショップしらべ / ラッキーセブン

まちのティーショップしらべ / はじめに

2003/1/12
障害を乗り越えて

2002/12/31
ビルマに野球を

2002/12/16
歴史カードを使わない国ミャンマー

2002/12/5
ビヤガーデンの楽しみ方 (2)

2002/11/17
ビヤガーデンの楽しみ方 (1)

2002/11/13
泥棒を招き入れた話

2002/8/6
ある若い夫婦の物語

2002/3/12
ジョウピンター村に行く4

ジョーピンター村に行く1〜3

2001/10/11
テテモウの謎 2

2001/10/9
象の足

水が出た!

エッセイページのトップへ
ヤンゴンマダム?の生活奮闘記
--買い物編 Part2--
   by 西垣 佐人江

 ある日曜の夕暮れ、順調に買い物もできるようになった私は主人と二人で久しぶりにチャイナタウンをうろついていた。そこへ肉を売っている屋台が目に入り何故か二人とも吸い寄せられるかのように、その屋台に足を運んでいた。屋台の前まで来ると主人は、
「最近、肉食ってないなあ」
と言い、肉を物色し始めた。私は主人が肉を見ている横で
「まさか買うって言わないよね」
と不安を隠せない。
 というのも私は買い物をしていてその屋台の前を毎日通っているため肉を売っているのは知っていた。でもあえて買わなかったのである。それは肉が新鮮ではないからだ。
 私が買い物に行く時間は朝の9時から10時頃。早いから新鮮かも?と思いきや、店主が暇を持て余して、手が肉にずっと触れているものだから、肉が手の体温で鮮度の落ちが早くなる。新鮮なものも新鮮でなくなってしまう。そしてハエがむちゃくちゃ集っているのと排ガスと埃まみれの中で売っているのを見ているので、肉はあえて買わなかったのである。そして、最悪なのは今見ている肉はもっと悪い。夕方とはいえまだ暑い。ということは、今見ている肉は朝からずーと炎天下の中さらされていたということになる。色も悪い。脂身なんかも色が変色して溶けかかっている状態で、屋台の木の台を脂まみれにしている。こういった状態の肉を見ているにもかかわらず、主人は私の不安をよそに嫌な言葉をさらりと言ってのけたのである。

街中で売られている肉
*本文とは関係ありません

「この肉買うか!」
 今何って言ったの?と耳を疑いたくなるセリフ。そして極めつけに、
「この肉で今晩豚しょうが焼きしよう!!」
と勝手に今晩のメニューまで決めてしまっている。
「おいおいおい、ちょっとこの肉がしょうが焼き??? どう見ても捨てるしか道がなさそうなこの肉がしょうが焼きですって???」
 私は主人にこの肉の状態について話したが、主人の頭の中はもうしょうが焼きでいっぱいらしい。しょうがないので、試しに買ってみることにした。もちろんここも量り売りである。主人はしょうが焼きしか本当に頭にないのか「しょうが焼き、しょうが焼き」と鼻歌まじりでうれしそうに進んでいく。
 家について早速調理に取り掛かったが、何かが匂う。何とも言えぬ臭さである。臭さの原因を追求していくと先程買った肉にたどり着いた。主人を呼んで匂ってもらうと、
「うわー、何やこの匂い――?」
 と一歩後ろに飛んでいった。それ程臭いのである。捨てるしか道が無いとはいえ、せっかく買ったのだから調理することにしてみた。調理している間中臭い。ずーと私はキッチンでこの臭―いと連発していた。
 生姜や醤油に漬ければ匂いが消えるかもと思いやってみても、強烈な匂いは消えてもやはり臭い。この肉大丈夫かなあ。と思い念のため、しょうがだけでは物足りないので、にんにくも殺菌のため入れることにした。フライパンで焼いている間中、先程の臭さとは対照的に何とも言えぬ香ばしい醤油の香りがして食欲をそそる。この時、あの肉の臭さはもう微塵も感じられない。主人も
「おっ、ええ匂いやなあ。今晩はご飯が進みそうや」
と大喜びである。私は
「じゃあ、いつもはご飯が進まないの?」
とツッコミたかったが、この香りでは同感である。できたてアツアツを流行る気持ちを押さえながら、ひとつ肉を口の中に入れてみた。入れて噛んだ瞬間、二人同時に
「うん???」
と頭の中は???で一杯になり噛む口が止まった。止まった理由はあの匂いが味という形となって口一杯に広がっているからである。何とも言えない味である。口の中に入った肉はもうすでに胃の中である。二人顔を見合わせ「おえ――」と吐く真似をしたが、もうすでに遅い。とても食べられるものではないので、結局最初から決まっていた、捨てるというもったいない行為にたどり着いたのである。
 それ以来、主人と歩いて肉屋にぶつかっても、吸い寄せられるということは無くなった。果たしてこれから我が家に肉は登場してくるのであろうか?

鶏肉を計ってるおばちゃん

(C) 西垣 佐人江