ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
ミャンマー現地情報 ヤンゴンナウ
ミャンマー基本情報 国内線、バス、列車情報 ホテル情報、予約 ミャンマー旅行手配 文化紹介 ミャンマーを読む、聴く ミャンマーからの最新情報 その他サービス
ミャンマーから毎日お届けする街角ニュース ミャンマーの作家から 日本人によるエッセイ ミャンマー最新ヒットチャート
ヤンゴン・ナウとは?

Essay by Kimura Kenichi          
木村 健一のエッセイ
30 ビヤガーデンの楽しみ方 (2) 2002/12/5
29 ビヤガーデンの楽しみ方 (1) 2002/11/17
28 泥棒を招き入れた話 2002/11/13
27 ある若い夫婦の物語 2002/8/6
26 テテモウの謎 2 2001/10/11
25 象の足 2001/10/9
24 水が出た! 2001/10/9
23 ジョウピンター村に行く4 2002/3/12
22 ジョーピンター村に行く1〜3 2002/3/12
21 ヤンゴンで日本語を考える 2001/5/1
20 ヤンゴンで食べる日本食 2001/5/1
19 ファッショナブルな若者達 2001/5/1
18 いなかっぺ(トーダー) 2001/5/1
17 タムエー地区 2001/4/28
16 新居祝い 2001/4/28
15 ヤンゴンで家を買う 2001/4/28
14 停電の熱帯夜 2001/4/25
13 ティンジャン 2001/4/25
12 ヤンゴン愛猫物語 2000/9/23
11 住めば都ヤンゴン 2000/9/23
10 ヤンゴンで凍える! 2000/9/11
9 ある日忽然とホテルが消えていた!! 2000/8/22
8 ヤンゴンで日本のニュースを考える 2000/8/22
7 ヤンゴン愛犬物語 2000/8/22
6 アレレー男が道の端にすわって何してるの? 2000/8/22
5 ミャンマーの不思議 2000/5/24
4 CM女王テテモウの謎 2000/3/4
3 日本では買えない日本製品? 2000/3/4
2 河の向こうは田舎 2000/2/21
1 人と車があふれるDOWNTOWN 2000/2/21
マガジン
ミャンマー便り
ミャンマーリポート
エッセイ
ヒットチャート
ヒットチャート
アルバム紹介
マガジントップへ
エッセイ
2004/10/15
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-エロス編

2004/7/8
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-L'ESPACE編

2004/6/17
ある日本軍兵士の慰霊碑

2004/4/22
ガパリビーチを楽しむ

2004/3/30
グエサウンビーチ紀行

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 中編

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 前編

2004/1/5
City FM 出演

2003/4/16
ザップエ

2003/2/9
ラッペイエの作り方教わったよ

まちのティーショップしらべ / バンブーハウス

2003/2/3
まちのティーショップしらべ / モダン

まちのティーショップしらべ / トウキョウシンジュク

2003/2/1
まちのティーショップしらべ / モーニングスター

まちのティーショップしらべ / ラーイエッ

2003/1/27
まちのティーショップしらべ / ユミコ

まちのティーショップしらべ / サンカフェジュニア

2003/1/24
まちのティーショップしらべ / セインティンチャ

まちのティーショップしらべ / レッユエッスィン

2003/1/16
まちのティーショップしらべ / ラッキーセブン

まちのティーショップしらべ / はじめに

2003/1/12
障害を乗り越えて

2002/12/31
ビルマに野球を

2002/12/16
歴史カードを使わない国ミャンマー

2002/12/5
ビヤガーデンの楽しみ方 (2)

2002/11/17
ビヤガーデンの楽しみ方 (1)

2002/11/13
泥棒を招き入れた話

2002/8/6
ある若い夫婦の物語

2002/3/12
ジョウピンター村に行く4

ジョーピンター村に行く1〜3

2001/10/11
テテモウの謎 2

2001/10/9
象の足

水が出た!

エッセイページのトップへ

ヤンゴンで日本語を考える
by 木村 健一

 その僧院は北オカラッパにある。ミンガラドン空港からも近い。かねてより名前はよく耳にしていた。

 ミャンマーでガイドや通訳、または外資系の会社などで働いている人たちの中に、この僧院で外国語を学んだ人が相当数いるようだ。英語、中国語、フランス語、韓国語、イタリア語、ロシア語、日本語などの外国語の授業をほとんど無料で受ける事ができる。

 日本語は土曜日曜だけの授業だが、日本人ボランティアの先生が7〜8名いるので、日本語の人気は高いようだ。例えば、UFL(私が通うヤンゴン外国語大学)は4年制の大学で日本語科もあるものの、まず先生方が日本語を話せない。したがって、4年間日本語を勉強しても流暢に話せる学生はほとんどいない。しかし、入学資格も授業料も学位もない僧院で学んだ人たちの中には、日本に一度も行った事が無いのに、ビックリするくらい流暢に話す人たちが多数いる。前々から興味があった僧院だが、4週間前から教えることになった。最初は土曜日だけと思っていたのだが、断りきれずに土、日曜日教える事になってしまった。スケジュールは、長年この僧院で勉強している若者達が、日本人のボランティアの先生のスケジュールを聞いて決めている。私は、土曜日の「あいうえお」も知らない生徒達と、日曜日の上級クラスを受け持つことになった。

 SANAYで働く、マ・カインの紹介でやって来た僧院だが、彼女や他にも日本語ペラペラのマ・エモンミャなどが、いろいろアドバイスしてくれる。「初級クラスは難しすぎたらついて来れないし、易しすぎても生徒が逃げちゃうよ!」過去に、何人かに日本語を教えた経験はあるけど、大勢の生徒を前に教師として教えるのは初めてなので、2回目からは、自分なりに教科書を作って、30人分自前でコピーして行った。すると、生徒は3週間目で60人以上に増えている。生徒の実力もまちまちなので、どのあたりのレベルで教えればいいのか迷ってしまう。おもしろくない授業をして、どんどん生徒が少なくなっていってもショックだし、やる以上は人気がある方がやりがいもあるというものだ。

 教科書を作りながら考えた、教えるということは教えられる事でもある。これはかなり前のエピソードだが、うちの居候のターリントンに時々日本語を教えていた。その頃部屋をシェアしていた友人がある時、ターリントンの数の数え方がおかしいと言いだした。
「いち、に、さん、し、ご、ろく、ひち、はち、、、、」
7をもういっぺん言ってみてと言われたターリントンは、はっきりとした声で、「ひち」と答えた。「ひち」と誰から習ったのか?と、友人が問いただすと、ターリントンはすかさず私を指差した。

 この時まで、福岡県出身である私は、言葉を覚えて以来「7」の事は「ひち」と発音していた。福岡で一度だってそれを間違いだと指摘された事もない。第一、先生自体が福岡では「ひち」と発音するのだ。その翌日、大学の同じクラス福岡出身の留学生にさっそく聞いてみた。彼女は外務省派遣で留学しているお嬢様だ。「そんなもの決まっているじゃないですか、ヒチです」と答えてくれて、自分だけの間違いではない事が解り少し安心した。しかし、ワープロで調べると「しち」でしか変換できなかった。もし、ヤンゴンに来なくて一生福岡に住んでいたら気づかずに過ごしていたかもしれない。そんな私が、正しい日本語をキチンと教える事ができるだろうか?

 僧院初日目にタウンシ君というユニークな青年と親しくなった。彼は私がはじめて見るコーカン人だ。ずいぶん小柄で日本人に似てなくもない。彼は日本の貿易会社で働いていて、会社の日本人からは「訳がわからない奴」と言われているそうだ。文語と口語の区別がつかないのか、独学で勉強し過ぎたのか、「触らぬ神にたたりなし」とか「あずま(東)男に京女」「脱兎のごとく」とかを普段の会話の中でしゃべるのだ。因みに「あずま男にきょう女」(注1)は、今の日本人の若い人はほとんど意味がわからないのじゃないかと思い、以前部屋をシェアしてた日本人の友人に聞いてみた。彼は今日本に住んでいるのだが、たまたまヤンゴンに遊びに来てうちに泊まっていたのだ。因みに彼は一橋大学の大学院生で、6年間塾の国語の教師をアルバイトでしている。そんな彼でさえ、この意味は分からないと言った。私のような古い人間だと知っていても、若い人は知らない言葉なんだろう。タウンシ君はこんな言葉ばかり使うものだから、他の日本人から注意されているらしい。私も、彼と会う度にクイズ問題を出題されているようで、
「タウンシの話す四文字熟語などは、大半の日本人特に10代の若者には全く理解できないよ」
と注意するのだが、全然変わらない。人の癖やスタイルはなかなかそう簡単に変えられるものではないのだろう。

 話はかわるが、日本から来た友人が持ってきてくれた本の中に、『魔法使い山本夏彦の知恵』があった。このティンジャンの休みの間に読み上げたのだが、その中に彼が信条としているこんな言葉があった。
「人間は土地や国家に住むのではない。文章、言語、それこそが国家である。人間はこれだけで生きている」
つくづく日本語を大事にそして慈しみ、正確に使っていかなければと心に誓った。

(注1)広辞苑では、「男は、気っぷのよい江戸の男がよく、女は、優雅で美しい京都の女がよい」の意味。

(C) 木村 健一