ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
ミャンマー現地情報 ヤンゴンナウ
ミャンマー基本情報 国内線、バス、列車情報 ホテル情報、予約 ミャンマー旅行手配 文化紹介 ミャンマーを読む、聴く ミャンマーからの最新情報 その他サービス
ミャンマーから毎日お届けする街角ニュース ミャンマーの作家から 日本人によるエッセイ ミャンマー最新ヒットチャート
ヤンゴン・ナウとは?

Essay by Kimura Kenichi          
木村 健一のエッセイ
30 ビヤガーデンの楽しみ方 (2) 2002/12/5
29 ビヤガーデンの楽しみ方 (1) 2002/11/17
28 泥棒を招き入れた話 2002/11/13
27 ある若い夫婦の物語 2002/8/6
26 テテモウの謎 2 2001/10/11
25 象の足 2001/10/9
24 水が出た! 2001/10/9
23 ジョウピンター村に行く4 2002/3/12
22 ジョーピンター村に行く1〜3 2002/3/12
21 ヤンゴンで日本語を考える 2001/5/1
20 ヤンゴンで食べる日本食 2001/5/1
19 ファッショナブルな若者達 2001/5/1
18 いなかっぺ(トーダー) 2001/5/1
17 タムエー地区 2001/4/28
16 新居祝い 2001/4/28
15 ヤンゴンで家を買う 2001/4/28
14 停電の熱帯夜 2001/4/25
13 ティンジャン 2001/4/25
12 ヤンゴン愛猫物語 2000/9/23
11 住めば都ヤンゴン 2000/9/23
10 ヤンゴンで凍える! 2000/9/11
9 ある日忽然とホテルが消えていた!! 2000/8/22
8 ヤンゴンで日本のニュースを考える 2000/8/22
7 ヤンゴン愛犬物語 2000/8/22
6 アレレー男が道の端にすわって何してるの? 2000/8/22
5 ミャンマーの不思議 2000/5/24
4 CM女王テテモウの謎 2000/3/4
3 日本では買えない日本製品? 2000/3/4
2 河の向こうは田舎 2000/2/21
1 人と車があふれるDOWNTOWN 2000/2/21
マガジン
ミャンマー便り
ミャンマーリポート
エッセイ
ヒットチャート
ヒットチャート
アルバム紹介
マガジントップへ
エッセイ
2004/10/15
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-エロス編

2004/7/8
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-L'ESPACE編

2004/6/17
ある日本軍兵士の慰霊碑

2004/4/22
ガパリビーチを楽しむ

2004/3/30
グエサウンビーチ紀行

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 中編

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 前編

2004/1/5
City FM 出演

2003/4/16
ザップエ

2003/2/9
ラッペイエの作り方教わったよ

まちのティーショップしらべ / バンブーハウス

2003/2/3
まちのティーショップしらべ / モダン

まちのティーショップしらべ / トウキョウシンジュク

2003/2/1
まちのティーショップしらべ / モーニングスター

まちのティーショップしらべ / ラーイエッ

2003/1/27
まちのティーショップしらべ / ユミコ

まちのティーショップしらべ / サンカフェジュニア

2003/1/24
まちのティーショップしらべ / セインティンチャ

まちのティーショップしらべ / レッユエッスィン

2003/1/16
まちのティーショップしらべ / ラッキーセブン

まちのティーショップしらべ / はじめに

2003/1/12
障害を乗り越えて

2002/12/31
ビルマに野球を

2002/12/16
歴史カードを使わない国ミャンマー

2002/12/5
ビヤガーデンの楽しみ方 (2)

2002/11/17
ビヤガーデンの楽しみ方 (1)

2002/11/13
泥棒を招き入れた話

2002/8/6
ある若い夫婦の物語

2002/3/12
ジョウピンター村に行く4

ジョーピンター村に行く1〜3

2001/10/11
テテモウの謎 2

2001/10/9
象の足

水が出た!

エッセイページのトップへ

ファッショナブルな若者達
by 木村 健一

 同居しているミャンマー人が3人とも田舎者だし、大学の同級生は外国人だし、本当にオシャレなミャンマー人をそれほど見かけるチャンスは少ない。以前住んでいた所は、いわゆるチャイナタウンだったので、パンツルックやミニスカートの女性もたまに見かけることもあったが、中国系の女性に限られるようだ。頭髪も10年くらい前の映画を見ると、男優の髪が長い。日本の30年前の流行のスタイルである。最近茶髪の若者が増えて来ている事は前に述べた。髪と眉毛までピンク色に染めている若者を一人見かけたことがある。時々行ってた20stのお粥屋の2階に住んでいるらしい。彼も中国系だろうか?青白い顔で全体的にくずれた不健康な印象の若者だが、頭髪をカラーに染めている人を初めて見たのでその時は非常に驚いた。

 最近は、ヤンゴン便りの取材を兼ねて、おしゃれなスポットに行く事も増えてきた。そこで、ヤンゴン市内ならだいたい若者に人気があるショッピングモールを、木村なりにランク付けしていってみよう。

 まず、地元の人にも旅行者にもNo.1なのは、何と言ってもボンジョーアウンサン市場だろう。店舗の数が群を抜いているし、よくよく見ると化粧品や美容関係(オカマさんが多いのでも有名)オシャレなブティックもかなり軒を並べている。欠点といえば、月曜日が休み(他のほとんどの店は年中無休が普通)と、閉店時間が早い。たぶん夕方5時。

 テレビでもさんざんCMを流したブレイゾンは、オシャレな造りだが、ここでしか売ってないという専門店ではない。他でも買える物しか売っていないし、場所も余り良いとはいえない。また、駐車場のスペースがそれほど大きくないようにも思える。

 最近華々しいファッションショーなどで名前が知れて来たヤンキンセンターは、文字通りヤンキンにあるのだが、ブレイゾンに比べて売り場面積も広いし、かなり高価だが個性的な店舗が出店している。エントランスのカフェアロマのデザインはここがミャンマーであることを一時忘れさせる。地下にはシティーマートの大型店も入っている。先日うちの新居祝いのパーティ用の品々はここで物色した。クリスタルのグラスやオシャレな食器類、480Ksもしたけれども日本の物とほとんど変わらない大きなリンゴも見つけた。それに、駐車場のスペースもかなり広く、金持ちをターゲットに絞っていると思われる。

 さて、私が住むタムエー地区だ。昨年一杯でタムエープラザは閉鎖したけれども(その後病院になるというウワサ)、まだまだ商業の町タムエーである。まず庶民の市場ミンガラゼイ(ゼイはミャンマー語で市場)。いつ行っても人だらけ、おばちゃんだらけ。横にミンガラモンゼイ、後ろにミンガラ新市場が建設中で、この3つのビルとも店舗が全て入れば、ヤンゴン最大のショッピングセンターになるだろう。

 さて、このミンガラゼイから300m北東に位置するのが、ユザナープラザだ。ブレイゾン、ヤンキンセンターほど造りはオシャレじゃないが、今ヤンゴンで若者に一番人気があって支持されているのが、このユザナープラザだと思う。まず、ここの一番素晴らしい点は、ビルの横に駐車専門のビルを建てているところだ。都市型のショッピングモールを目指すならここまでやってほしい。かなり個性的な店も入っているし、第一気取らずに買い物ができる。そしてここで見かける若者達が、ヤンゴンで一番オシャレなようだ。伝統的な民族衣装がすたれていくのは、悲しむべきことなのか時代の流れなのか良く解らないが、一部の男達は、全くロンジーをはかない。時代遅れだと考えている人達もいる。

 以前、あるホテルのマネージャーをしている女性が子供を出産したので、お祝いに彼女の家におじゃましたことがあった。ミャンマー人の家を訪問すると、結婚式などの写真を見せられるのが常なのだが、そこでも延々とアルバムを見せられた。結婚式はシャンスタイルで行われたようだが、私が興味を覚えたのは、彼女のヤンゴン大学時代のスナップ写真である。運の強い彼女は丸々4年間で大学を卒業できた人である。過去12年間に何度も大学は閉鎖を繰り返し、ほとんどの学生が2〜3年は卒業が遅れているのに、彼女の在籍した期間4年間のみ、大学閉鎖がなかった期間だそうだ。大学で撮られた写真を見ると、男子学生のほうが多数を占めている。その30人位の男子学生の全員がズボンをはいているのである。1995年ぐらいであろうか?

 私が初めてミャンマーに来たのは、1996年「VISIT TO MYANMAR」観光年と呼ばれる年だった。ミンガラドン空港に着くなり、空港の中にいる男の人(空港職員は制服)が、ロンジーをはいていて、町を歩く人もほとんどの人がロンジー姿であった。今時の東南アジアで、こうも普通に民族衣装を着ている国は他にないと思った。タイやバリ島などでは、観光客が来る場所では民族衣装を着ていても、普段はシャツとズボンが大半だ。私にとってヤンゴンの第一印象はロンジーである。普段ズボンやスカートなどの制服を着ているミャンマー人たちも、家やオフの時はロンジー姿である。前に述べたスナップ写真のヤンゴン大の学生も、何かイベントがあって全員オシャレしてきてズボンをはいていたのだと思う。

 ロンジーという民族衣装がすたれないのは、やはりこの国の気候風土にマッチしているからだ。着方によって長くも短パンのように短くも出来る。短くするとチンロン(玉蹴り)に興じることもできるし、労働者はロンジーの端で汗を拭く事もできるし、とにかく涼しい。ズボンのようにサイズを気にせず、自分に合ったように着ることができるのだ。しかし、はっきりデータ−があるわけではないが、町中を歩いている若者特に男達を見ると、ズボンが若干増えてきているように思える。ロンジーをはいてないミャンマー人は、タイ人、インドネシア人、マレーシア人と区別がつかなくなる。何としてもロンジーを今後も愛用していってもらいたい。

 細身でスタイルのいいミャンマー人。カッコいい男達はロンジーを粋に着こなして、炎天下のヤンゴンを闊歩し続けてもらいたいものだ。

(C) 木村 健一