ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
ミャンマー現地情報 ヤンゴンナウ
ミャンマー基本情報 国内線、バス、列車情報 ホテル情報、予約 ミャンマー旅行手配 文化紹介 ミャンマーを読む、聴く ミャンマーからの最新情報 その他サービス
ミャンマーから毎日お届けする街角ニュース ミャンマーの作家から 日本人によるエッセイ ミャンマー最新ヒットチャート
ヤンゴン・ナウとは?

Essay by Kimura Kenichi          
木村 健一のエッセイ
30 ビヤガーデンの楽しみ方 (2) 2002/12/5
29 ビヤガーデンの楽しみ方 (1) 2002/11/17
28 泥棒を招き入れた話 2002/11/13
27 ある若い夫婦の物語 2002/8/6
26 テテモウの謎 2 2001/10/11
25 象の足 2001/10/9
24 水が出た! 2001/10/9
23 ジョウピンター村に行く4 2002/3/12
22 ジョーピンター村に行く1〜3 2002/3/12
21 ヤンゴンで日本語を考える 2001/5/1
20 ヤンゴンで食べる日本食 2001/5/1
19 ファッショナブルな若者達 2001/5/1
18 いなかっぺ(トーダー) 2001/5/1
17 タムエー地区 2001/4/28
16 新居祝い 2001/4/28
15 ヤンゴンで家を買う 2001/4/28
14 停電の熱帯夜 2001/4/25
13 ティンジャン 2001/4/25
12 ヤンゴン愛猫物語 2000/9/23
11 住めば都ヤンゴン 2000/9/23
10 ヤンゴンで凍える! 2000/9/11
9 ある日忽然とホテルが消えていた!! 2000/8/22
8 ヤンゴンで日本のニュースを考える 2000/8/22
7 ヤンゴン愛犬物語 2000/8/22
6 アレレー男が道の端にすわって何してるの? 2000/8/22
5 ミャンマーの不思議 2000/5/24
4 CM女王テテモウの謎 2000/3/4
3 日本では買えない日本製品? 2000/3/4
2 河の向こうは田舎 2000/2/21
1 人と車があふれるDOWNTOWN 2000/2/21
マガジン
ミャンマー便り
ミャンマーリポート
エッセイ
ヒットチャート
ヒットチャート
アルバム紹介
マガジントップへ
エッセイ
2004/10/15
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-エロス編

2004/7/8
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-L'ESPACE編

2004/6/17
ある日本軍兵士の慰霊碑

2004/4/22
ガパリビーチを楽しむ

2004/3/30
グエサウンビーチ紀行

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 中編

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 前編

2004/1/5
City FM 出演

2003/4/16
ザップエ

2003/2/9
ラッペイエの作り方教わったよ

まちのティーショップしらべ / バンブーハウス

2003/2/3
まちのティーショップしらべ / モダン

まちのティーショップしらべ / トウキョウシンジュク

2003/2/1
まちのティーショップしらべ / モーニングスター

まちのティーショップしらべ / ラーイエッ

2003/1/27
まちのティーショップしらべ / ユミコ

まちのティーショップしらべ / サンカフェジュニア

2003/1/24
まちのティーショップしらべ / セインティンチャ

まちのティーショップしらべ / レッユエッスィン

2003/1/16
まちのティーショップしらべ / ラッキーセブン

まちのティーショップしらべ / はじめに

2003/1/12
障害を乗り越えて

2002/12/31
ビルマに野球を

2002/12/16
歴史カードを使わない国ミャンマー

2002/12/5
ビヤガーデンの楽しみ方 (2)

2002/11/17
ビヤガーデンの楽しみ方 (1)

2002/11/13
泥棒を招き入れた話

2002/8/6
ある若い夫婦の物語

2002/3/12
ジョウピンター村に行く4

ジョーピンター村に行く1〜3

2001/10/11
テテモウの謎 2

2001/10/9
象の足

水が出た!

エッセイページのトップへ

新居祝い

by 木村 健一

 ミャンマーでもまずはお坊様や親類知人友人呼んで、新居祝いをするものらしい。ドライバーのおっちゃんが、早めにやった方がいいと勧める。引っ越して3週間、室内も落ち着いたし自分としても新居祝いをするべきだとは思っていた。

 今やケンカ友達になってしまったのだが、嘘つきエンジニアのアラカン人のマウンマウンに又一杯喰わされた。404号にすでに家族が住んでいるというので安心して引っ越したのだが、その時404号室はまた無人に戻っていたのだ。1度部屋を見せてもらったが、ピンク色の細かい細工のシャンデリアが天井といわず壁にも6、7箇所輝いていて、金はかかっているが趣味が良いとはいえない。内心うちの方が勝ちと思っていた。しかし、家具が素晴らしい、相当お金持ちなのだろう。家具を誉めると注文できるよと品のいいおばあちゃんが我慢できずに話し始めた、なんでも有名な家具屋さんで海外にも輸出しているそうで、まぁどうりで豪華で優雅な家具ばかりである。しかし、この一家も早々と引っ越したものの、水が出ない,電気が来ない、エレベーターはいつ完成するかわからないということで再び元の家に戻られたとか。前の借りていたアパートは契約切れで戻る場所さえない私は、ここに住むしかない。13階建て、階段の一段一段が日本のものよりも高さがありどれも一定ではない。また、傾斜した土地に建ってるため、駐車場になる半地下から上ると705号室は9階にあることになり、上るだけで息が切れてしまう。
 8月に契約した時は、9月にはエレベーターが完成するという話だった。それが11月になり12月いっぱいになった。今年中に出来なかったら俺の首を賭けてもいいというエンジニアの言葉もむなしく結局21世紀になってしまった。それでも、韓国からエレベーターの機材が届いた時にはいよいよと希望を膨らませたものだが、機材会社と金銭的なトラブルがあったとかで、(家庭教師がこのエレベーターの会社に友人が居るので内部事情を教えてくれた。)4月になるのにまだ設置されていない。
 ということで、13階建て1フロアーに5部屋ある造りだが、住んでいるのは私だけ(3人のミャンマー人も同居してはいるが)。中は豪邸1歩外に出ると工事現場だ。3週間でほとんどの問題は改善されたが、はじめは水が来ない電気が来ない。これらは建築会社のせいではないが、こんな時は全てが悪くなるようで、せっかく設置したものの衛星放送が故障、続いてビデオが故障、車が故障と何から何まで故障してしまった。まぁ大学も夏休みで別段予定もないし、ジタバタしても始まらない国なので、ゆっくり構えていたら、全て解決してしまった。いやいや今思い出した、1週間前から電話が故障しているのだ。これで、日本にメールも送れないし、新居祝いに来た人たちの御礼も出来ない。

 そうでした、新居祝いについて書いていたのに、いつのまにか工事の愚痴ばかりになって申し訳ない。それで、大学関係の教授や各国の留学生を招待するのは、新学期が始まってエレベーターも設置されてからということにして、とりあえず知人友人を招く事にした。

 前日の午前中から、おっさんの親類の人7〜8人がなにやらたくさん料理を作り出した。当日は朝の4時に起こされて、5時にはお坊さん5名が到着した。お坊さん達も9階も階段を上って疲れただろう。お坊さんの数は奇数ときまっているそうだ。お経はパーリ語なのでほとんど解らないまま1時間ほど読経は続いた。その後、お坊さんに食事を振舞って御礼の金数を封筒に入れたものをお一人ずつさしあげ、お帰りになられた。
 8時から招待客がボツボツ来始めた。お客さんには自慢たらたら苦心の作品である各部屋、特にバスルームを見せて「わぁ素敵な部屋!」とか言ってもらえると、この半年以上も続いた苦労も報われるというもんだ。そこで、皆が口々に質問するのは「家も建てたしいよいよ永住ですね?」「後は嫁さんもらうだけ」答えに困ってしまうのだが、どちらも真剣には考えていない。どうせ考えてもその通りに行った例(ためし)がないからだ。

 自然体でこのハードなヤンゴンでそれでもなぜかこのヤンゴンが大好きで、そのまた1番好きなタムエー地区で楽しく生きていかれたら、今はそれだけしか言えない。新居祝いも終り、さてさていよいよ本格的にタムエーの新生活が始まった。

(C) 木村 健一