ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
ミャンマー現地情報 ヤンゴンナウ
ミャンマー基本情報 国内線、バス、列車情報 ホテル情報、予約 ミャンマー旅行手配 文化紹介 ミャンマーを読む、聴く ミャンマーからの最新情報 その他サービス
ミャンマーから毎日お届けする街角ニュース ミャンマーの作家から 日本人によるエッセイ ミャンマー最新ヒットチャート
ヤンゴン・ナウとは?

Essay by Kimura Kenichi          
木村 健一のエッセイ
30 ビヤガーデンの楽しみ方 (2) 2002/12/5
29 ビヤガーデンの楽しみ方 (1) 2002/11/17
28 泥棒を招き入れた話 2002/11/13
27 ある若い夫婦の物語 2002/8/6
26 テテモウの謎 2 2001/10/11
25 象の足 2001/10/9
24 水が出た! 2001/10/9
23 ジョウピンター村に行く4 2002/3/12
22 ジョーピンター村に行く1〜3 2002/3/12
21 ヤンゴンで日本語を考える 2001/5/1
20 ヤンゴンで食べる日本食 2001/5/1
19 ファッショナブルな若者達 2001/5/1
18 いなかっぺ(トーダー) 2001/5/1
17 タムエー地区 2001/4/28
16 新居祝い 2001/4/28
15 ヤンゴンで家を買う 2001/4/28
14 停電の熱帯夜 2001/4/25
13 ティンジャン 2001/4/25
12 ヤンゴン愛猫物語 2000/9/23
11 住めば都ヤンゴン 2000/9/23
10 ヤンゴンで凍える! 2000/9/11
9 ある日忽然とホテルが消えていた!! 2000/8/22
8 ヤンゴンで日本のニュースを考える 2000/8/22
7 ヤンゴン愛犬物語 2000/8/22
6 アレレー男が道の端にすわって何してるの? 2000/8/22
5 ミャンマーの不思議 2000/5/24
4 CM女王テテモウの謎 2000/3/4
3 日本では買えない日本製品? 2000/3/4
2 河の向こうは田舎 2000/2/21
1 人と車があふれるDOWNTOWN 2000/2/21
マガジン
ミャンマー便り
ミャンマーリポート
エッセイ
ヒットチャート
ヒットチャート
アルバム紹介
マガジントップへ
エッセイ
2004/10/15
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-エロス編

2004/7/8
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-L'ESPACE編

2004/6/17
ある日本軍兵士の慰霊碑

2004/4/22
ガパリビーチを楽しむ

2004/3/30
グエサウンビーチ紀行

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 中編

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 前編

2004/1/5
City FM 出演

2003/4/16
ザップエ

2003/2/9
ラッペイエの作り方教わったよ

まちのティーショップしらべ / バンブーハウス

2003/2/3
まちのティーショップしらべ / モダン

まちのティーショップしらべ / トウキョウシンジュク

2003/2/1
まちのティーショップしらべ / モーニングスター

まちのティーショップしらべ / ラーイエッ

2003/1/27
まちのティーショップしらべ / ユミコ

まちのティーショップしらべ / サンカフェジュニア

2003/1/24
まちのティーショップしらべ / セインティンチャ

まちのティーショップしらべ / レッユエッスィン

2003/1/16
まちのティーショップしらべ / ラッキーセブン

まちのティーショップしらべ / はじめに

2003/1/12
障害を乗り越えて

2002/12/31
ビルマに野球を

2002/12/16
歴史カードを使わない国ミャンマー

2002/12/5
ビヤガーデンの楽しみ方 (2)

2002/11/17
ビヤガーデンの楽しみ方 (1)

2002/11/13
泥棒を招き入れた話

2002/8/6
ある若い夫婦の物語

2002/3/12
ジョウピンター村に行く4

ジョーピンター村に行く1〜3

2001/10/11
テテモウの謎 2

2001/10/9
象の足

水が出た!

エッセイページのトップへ

ヤンゴンで凍える!
 by 木村 健一

 日本では猛暑が続いているとか。
 8月末NHK衛星放送で世界の気候を見ていると、ミャンマーより日本の方が熱帯のようです。「ヤンゴンで凍える」とまたまた大げさナと言われそうですが、去年の12月2週間だけでしたが、極端に寒い凍える時期がありました。僕が通うUFL(外国語大学)の女の先生が、このニュースを教材として使ったので、うろ覚えのまま書くと、ミャンマーの国境に近いインド北西部で、寒気団が発生して、当地では凍死者が100ん人以上もでたそうです。その寒気がミャンマーまで押し寄せて来て、TVニュースの中で、就寝前の水浴びをひかえるように、子供に厚着させて寝かせなさい、そして夜中時々子供の様子見なさい等と注意があったそうだ。その寒気が来てる時期に、日本女性2名がチャイテーヨー(ゴールデンロックパゴダ)にのぼって一泊したら、あまりの寒さに一睡も出来なかったそうだ。別の友人もやはりチャイテーヨーの山頂で、凍えて足の爪が割れたと言っていた。
 ヤンゴンの街中にも、木枯らしが吹き、何処から持って来たのか、厚着の服やジャンバー(たぶん中国製)が山積みされて、強気の値段で売られていた。人々もどうしようもなく寒いので、防寒服を売っている店の前は黒だかりの買い物客で賑わっていた。僕も日本人のルームメイトも防寒策として、靴下を履きセーターを着て(掛け布団などないので)毛布をかぶって寝ていた。これは、本当に異常に寒い2週間だったが、今は9月で雨季ですが、早朝などはかなり寒く、凍えるほどではありませんが水のシャワーが辛くなります。 ミャンマーに来て2年半がたちましたが、始めの3ヶ月はホテル住まいで、その時は暑季で一番暑い季節なのに、夜はエヤコンを切って寝ていた。その後、アパートを2度変わって現在に至ってますが、先ず最初に買ったのがエヤコンでしたが、結局今日まで2年以上も使う事はありませんでした。特別寒がりなのでしょうか?
 ミャンマーは暑いと固定観念を持ってる人には、ウソのように思えるかもしれませんが、これが現実のヤンゴンです。
 もちろん暑くてどうしようも無い時期もあります。暑季炎天下の街を無防備で歩くと、目の玉をあら塩で揉まれているように痛み汗が全身からふきだして、ギンギンに暑い時もあります。この涼しい我がアパートから7月の末友人4人で、パガンに行った時は、ゲストハウスでさすがの僕も、あまりの暑さにエヤコンつけっぱなしで寝てました。6,7回行っているパガンですが、上ビルマは改めて暑いと認識した次第です。また寒いほうの例として、ミャンマーの軽井沢といわれるピンウールインに行った時も、乾期と言う事も有りとてつもなく寒かったし、インレー湖に行って、湖上をモーターボートで走行している時も、風が冷たすぎて湖上にある土産屋で、長袖のシャンの民族衣装を買い、それを着込んで観光を続けたこともあります。旅行する地方や季節によって、気温が著しく変化する事があるので注意が必要です。チャイテーヨーやインレー湖等に足をのばしたい人は、トレーナーや薄手のジャンバー等用意されてたほうが万全です。

(C) 木村 健一