ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
ミャンマー現地情報 ヤンゴンナウ
ミャンマー基本情報 国内線、バス、列車情報 ホテル情報、予約 ミャンマー旅行手配 文化紹介 ミャンマーを読む、聴く ミャンマーからの最新情報 その他サービス
ミャンマーから毎日お届けする街角ニュース ミャンマーの作家から 日本人によるエッセイ ミャンマー最新ヒットチャート
ヤンゴン・ナウとは?

Essay by Kimura Kenichi          
木村 健一のエッセイ
30 ビヤガーデンの楽しみ方 (2) 2002/12/5
29 ビヤガーデンの楽しみ方 (1) 2002/11/17
28 泥棒を招き入れた話 2002/11/13
27 ある若い夫婦の物語 2002/8/6
26 テテモウの謎 2 2001/10/11
25 象の足 2001/10/9
24 水が出た! 2001/10/9
23 ジョウピンター村に行く4 2002/3/12
22 ジョーピンター村に行く1〜3 2002/3/12
21 ヤンゴンで日本語を考える 2001/5/1
20 ヤンゴンで食べる日本食 2001/5/1
19 ファッショナブルな若者達 2001/5/1
18 いなかっぺ(トーダー) 2001/5/1
17 タムエー地区 2001/4/28
16 新居祝い 2001/4/28
15 ヤンゴンで家を買う 2001/4/28
14 停電の熱帯夜 2001/4/25
13 ティンジャン 2001/4/25
12 ヤンゴン愛猫物語 2000/9/23
11 住めば都ヤンゴン 2000/9/23
10 ヤンゴンで凍える! 2000/9/11
9 ある日忽然とホテルが消えていた!! 2000/8/22
8 ヤンゴンで日本のニュースを考える 2000/8/22
7 ヤンゴン愛犬物語 2000/8/22
6 アレレー男が道の端にすわって何してるの? 2000/8/22
5 ミャンマーの不思議 2000/5/24
4 CM女王テテモウの謎 2000/3/4
3 日本では買えない日本製品? 2000/3/4
2 河の向こうは田舎 2000/2/21
1 人と車があふれるDOWNTOWN 2000/2/21
マガジン
ミャンマー便り
ミャンマーリポート
エッセイ
ヒットチャート
ヒットチャート
アルバム紹介
マガジントップへ
エッセイ
2004/10/15
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-エロス編

2004/7/8
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-L'ESPACE編

2004/6/17
ある日本軍兵士の慰霊碑

2004/4/22
ガパリビーチを楽しむ

2004/3/30
グエサウンビーチ紀行

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 中編

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 前編

2004/1/5
City FM 出演

2003/4/16
ザップエ

2003/2/9
ラッペイエの作り方教わったよ

まちのティーショップしらべ / バンブーハウス

2003/2/3
まちのティーショップしらべ / モダン

まちのティーショップしらべ / トウキョウシンジュク

2003/2/1
まちのティーショップしらべ / モーニングスター

まちのティーショップしらべ / ラーイエッ

2003/1/27
まちのティーショップしらべ / ユミコ

まちのティーショップしらべ / サンカフェジュニア

2003/1/24
まちのティーショップしらべ / セインティンチャ

まちのティーショップしらべ / レッユエッスィン

2003/1/16
まちのティーショップしらべ / ラッキーセブン

まちのティーショップしらべ / はじめに

2003/1/12
障害を乗り越えて

2002/12/31
ビルマに野球を

2002/12/16
歴史カードを使わない国ミャンマー

2002/12/5
ビヤガーデンの楽しみ方 (2)

2002/11/17
ビヤガーデンの楽しみ方 (1)

2002/11/13
泥棒を招き入れた話

2002/8/6
ある若い夫婦の物語

2002/3/12
ジョウピンター村に行く4

ジョーピンター村に行く1〜3

2001/10/11
テテモウの謎 2

2001/10/9
象の足

水が出た!

エッセイページのトップへ

ヤンゴンで日本のニュースを考える
 by 木村 健一

 4月に上に住む西垣さんが、NHKの衛星放送をつけたと聞いて僕の部屋にも取り付けてもらう事にした。ずいぶん前に聞いた半額の費用で、日本語放送を見れるようになった。
 大学が休みの土日等,どうかしたら1日中テレビっ子で、頭は完全に日本語モードになってしまい、犬の散歩行くというおじさんに、自分が行くよと日本語で言ってしまったり、電話に「もしもし」といきなり出てみたりと、語学留学している身にはあまりイイ事じゃないのかもしれないが、日本のニュースをヤンゴンで見てみると、今現在不況とはいえ、まだまだ豊かな先進国である日本だが、かなりおかしな国だと思えてきた。それに本当の豊かさとは何なのだろうと考えさせられる。親を殺したり隣の住人を皆殺ししたり、野球部の後輩を金属バットで殴ったり、その後母親を殺したり、准看護婦の母親が、保険金目当てに我が子を殺そうとしたり、日本にいる人達にはすでに珍しくもない事件だろうが、時々テレビを一緒にみたミャンマー人が、親が子を子を親が殺すなんて信じられないと言う。
 週4日ある『クローズアップ現代』の大ファンで毎回みている。番組の中で,様様な問題を分析しさまざまな角度から解決の糸口を模索しようとしている。毎回毎回よくこれだけ多くの問題があるものだと感心しながらも、もしこれらの問題をミャンマーに置き換えたらどうなるだろうかと考えた。番組ではストーカー問題を扱っていた、1人暮らしで度重なる無言電話におびえる女性、ストーカー行為を止められない男性、番組はそのどちらにも密着取材していた。この問題をミャンマーにおきかえた場合、まず1人暮らしの若い女性など,多分1人もいないだろうと思う。それに1000人中2台しか普及してない電話事情で無言電話などこれも考えられないし,家族と一緒に暮らしている女性をつけ狙うのはかなり難しい事だと思う。また深刻な問題になっているひきこもりにしても、およそ個室など余程の金持ちの家庭にしかないであろうから、絶対に無いとは断言できないが,この国ではまだ聞いた事が無い。和歌山毒カレー事件、埼玉保険金殺人事件、保険金目当ての母親が子を殺す事件が続いた、これら保険金目当ての事件も,生命保険というものそのものが,知られてないというか,全く普及していないこの国では起こるはずも無いし、こうして見ると、すべての面で発展進歩しているだろう日本という国は、発展したがゆえにおこってきたも問題も多々あるように思える。

(C) 木村 健一