ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
ミャンマー現地情報 ヤンゴンナウ
ミャンマー基本情報 国内線、バス、列車情報 ホテル情報、予約 ミャンマー旅行手配 文化紹介 ミャンマーを読む、聴く ミャンマーからの最新情報 その他サービス
ミャンマーから毎日お届けする街角ニュース ミャンマーの作家から 日本人によるエッセイ ミャンマー最新ヒットチャート
ヤンゴン・ナウとは?

Essay by Kimura Kenichi          
木村 健一のエッセイ
30 ビヤガーデンの楽しみ方 (2) 2002/12/5
29 ビヤガーデンの楽しみ方 (1) 2002/11/17
28 泥棒を招き入れた話 2002/11/13
27 ある若い夫婦の物語 2002/8/6
26 テテモウの謎 2 2001/10/11
25 象の足 2001/10/9
24 水が出た! 2001/10/9
23 ジョウピンター村に行く4 2002/3/12
22 ジョーピンター村に行く1〜3 2002/3/12
21 ヤンゴンで日本語を考える 2001/5/1
20 ヤンゴンで食べる日本食 2001/5/1
19 ファッショナブルな若者達 2001/5/1
18 いなかっぺ(トーダー) 2001/5/1
17 タムエー地区 2001/4/28
16 新居祝い 2001/4/28
15 ヤンゴンで家を買う 2001/4/28
14 停電の熱帯夜 2001/4/25
13 ティンジャン 2001/4/25
12 ヤンゴン愛猫物語 2000/9/23
11 住めば都ヤンゴン 2000/9/23
10 ヤンゴンで凍える! 2000/9/11
9 ある日忽然とホテルが消えていた!! 2000/8/22
8 ヤンゴンで日本のニュースを考える 2000/8/22
7 ヤンゴン愛犬物語 2000/8/22
6 アレレー男が道の端にすわって何してるの? 2000/8/22
5 ミャンマーの不思議 2000/5/24
4 CM女王テテモウの謎 2000/3/4
3 日本では買えない日本製品? 2000/3/4
2 河の向こうは田舎 2000/2/21
1 人と車があふれるDOWNTOWN 2000/2/21
マガジン
ミャンマー便り
ミャンマーリポート
エッセイ
ヒットチャート
ヒットチャート
アルバム紹介
マガジントップへ
エッセイ
2004/10/15
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-エロス編

2004/7/8
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-L'ESPACE編

2004/6/17
ある日本軍兵士の慰霊碑

2004/4/22
ガパリビーチを楽しむ

2004/3/30
グエサウンビーチ紀行

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 中編

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 前編

2004/1/5
City FM 出演

2003/4/16
ザップエ

2003/2/9
ラッペイエの作り方教わったよ

まちのティーショップしらべ / バンブーハウス

2003/2/3
まちのティーショップしらべ / モダン

まちのティーショップしらべ / トウキョウシンジュク

2003/2/1
まちのティーショップしらべ / モーニングスター

まちのティーショップしらべ / ラーイエッ

2003/1/27
まちのティーショップしらべ / ユミコ

まちのティーショップしらべ / サンカフェジュニア

2003/1/24
まちのティーショップしらべ / セインティンチャ

まちのティーショップしらべ / レッユエッスィン

2003/1/16
まちのティーショップしらべ / ラッキーセブン

まちのティーショップしらべ / はじめに

2003/1/12
障害を乗り越えて

2002/12/31
ビルマに野球を

2002/12/16
歴史カードを使わない国ミャンマー

2002/12/5
ビヤガーデンの楽しみ方 (2)

2002/11/17
ビヤガーデンの楽しみ方 (1)

2002/11/13
泥棒を招き入れた話

2002/8/6
ある若い夫婦の物語

2002/3/12
ジョウピンター村に行く4

ジョーピンター村に行く1〜3

2001/10/11
テテモウの謎 2

2001/10/9
象の足

水が出た!

エッセイページのトップへ

日本では買えない日本製品?
 by 木村 健一

 ヤンゴンでの生活にも多少慣れてきて、余裕が出て来たこの頃であるが、それでもやはり呆れたり驚かされたりする事にたびたび出くわす。
 まずその一つに、どうしてこうもミャンマー人は日本語が好きなのだろうか?特に雨期になると傘のテレビCMが一斉に流れ出す。YUKI、SAKURA、YAMASU、NAGOYA、ASAHI、etc.

MITSUHA、これはカバンのCMだったかな?あと自転車のYOKOHAMAなど。その中でも、やはり何といっても一番ポピュラーなのがSAKURAだろう。この名前のお線香もあるし最近発売された洗剤にもこの名前が付けられている。ミャンマーで一番人気がある女優の[テテモウ]が「CHERRY、SAKURA 日本で一番愛用されている商品です」とニッコリ笑って堂々とおっしゃっている。日本で聞いた事もないような製品でも、自称日本製とすることでステータスが上がるらしい。この国の人のTOYOTAやSONY等日本製品に対する尊敬と神聖視には日本人として誇らしい気もするのだが・・・。
 話をSAKURAに戻そう。
 最近グーンと有名になったのがSAKURA病院、10階建ての大きなホテルを建築予定だったのを急遽病院に変更したという建物で、オーナーが如才ない人(もちろんミャンマー人)なのだが、よく流行っているし、たびたび映画に使われている。私が知っているだけで4回、去年の6月頭痛で2週間も入院した時も映画の撮影に2回遭遇した。
 スーレーパゴダ通りにあるミャンマーでトレーダースホテルと並ぶ、一番高いビルもSAKURAタワーという。インヤ通りにある金持ち外国人の方々の為、月額1000 - 2000米ドルもするSAKURAレジデンスという高級アパートもある。そうそう髪の毛の長い女性がいるちょっと怪しい雰囲気の「さくら」という喫茶店もありましたね。20年前の田舎町にあるような喫茶店のスタイルで、何かなつかしい感じがするが客筋はあまりよくない。
 最近「OISHI」というドリンクが発売された。これも人気の[テテモウ]が着物を着て出てくるバージョンがある。[カイテンチ]という可愛いいタレントさん(CM出演頻度NO2)の線香のCMも着物を着ているのだが、どちらも着付けが逆の右前になっていて、死装束なので日本人として非常に気になっていたら、日本人の友人のほとんどがその事を知らなかったので、ここでは目をつぶろう。
 何の製品だが忘れてしまったが「カラテ」というのもある。「FUJI」という洗剤は、ミャンマー人とドイツ人のハーフで超美人の[タンダーライ]が出演しているが、最近はモデル上がりの人が増えてきて男性としては楽しい限りである。
 「FUJI」という高級喫茶店もあり、私が行っているヤンゴン外国語大学のすぐ近くにあるので、時々コーヒーを飲みに寄っている。普通の喫茶店で20 - 30チャットのホーヒーがここでは900チャットもして、カレーライスも日本風の味付けでおいしいのだが、昼食にカレーとコーヒーを一杯飲むと、大学の先生の月給よりも高くなるので(本当の話)一人になりたい時にこっそりと行くようにしている。
 最近ミャンマーの女性も化粧に興味があるのか、化粧品のCMも目につくようになった。反面、都市部では伝統的「タナカ」を塗っている女性がずいぶん少なくなって来たような気がする。化粧品といえば我日本を代表する資生堂と思いきや、「シシェイドー」というメーカーがミャンマー随一の美人女優[ナンダーライ]と人気実力NO.1の男優[ドウェイ]の共演で、けっこう気のきいたCMを流している。
 そこへ2匹目のドジョウをねらう「ディシェードウ」というのが現れた。こちらは天下の美女[ナンダーライ]に対抗して、人気NO.1[テテモウ]のCMで向かい打った。勝負はどちらにあがったか知らないが、いつまで続くのでしょう。ミャンマー製品の日本語ブーム。

(C) 木村 健一