ミャンマー現地情報ヤンゴンナウTOPへ
ミャンマー現地情報 ヤンゴンナウ
ミャンマー基本情報 国内線、バス、列車情報 ホテル情報、予約 ミャンマー旅行手配 文化紹介 ミャンマーを読む、聴く ミャンマーからの最新情報 その他サービス
ミャンマーから毎日お届けする街角ニュース ミャンマーの作家から 日本人によるエッセイ ミャンマー最新ヒットチャート
ヤンゴン・ナウとは?

Essay by Kimura Kenichi          
木村 健一のエッセイ
30 ビヤガーデンの楽しみ方 (2) 2002/12/5
29 ビヤガーデンの楽しみ方 (1) 2002/11/17
28 泥棒を招き入れた話 2002/11/13
27 ある若い夫婦の物語 2002/8/6
26 テテモウの謎 2 2001/10/11
25 象の足 2001/10/9
24 水が出た! 2001/10/9
23 ジョウピンター村に行く4 2002/3/12
22 ジョーピンター村に行く1〜3 2002/3/12
21 ヤンゴンで日本語を考える 2001/5/1
20 ヤンゴンで食べる日本食 2001/5/1
19 ファッショナブルな若者達 2001/5/1
18 いなかっぺ(トーダー) 2001/5/1
17 タムエー地区 2001/4/28
16 新居祝い 2001/4/28
15 ヤンゴンで家を買う 2001/4/28
14 停電の熱帯夜 2001/4/25
13 ティンジャン 2001/4/25
12 ヤンゴン愛猫物語 2000/9/23
11 住めば都ヤンゴン 2000/9/23
10 ヤンゴンで凍える! 2000/9/11
9 ある日忽然とホテルが消えていた!! 2000/8/22
8 ヤンゴンで日本のニュースを考える 2000/8/22
7 ヤンゴン愛犬物語 2000/8/22
6 アレレー男が道の端にすわって何してるの? 2000/8/22
5 ミャンマーの不思議 2000/5/24
4 CM女王テテモウの謎 2000/3/4
3 日本では買えない日本製品? 2000/3/4
2 河の向こうは田舎 2000/2/21
1 人と車があふれるDOWNTOWN 2000/2/21
マガジン
ミャンマー便り
ミャンマーリポート
エッセイ
ヒットチャート
ヒットチャート
アルバム紹介
マガジントップへ
エッセイ
2004/10/15
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-エロス編

2004/7/8
ミャンマーエステ/マッサージ体験記-L'ESPACE編

2004/6/17
ある日本軍兵士の慰霊碑

2004/4/22
ガパリビーチを楽しむ

2004/3/30
グエサウンビーチ紀行

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 中編

2004/2/25
ミャンマーで働くことを選んだ理由 前編

2004/1/5
City FM 出演

2003/4/16
ザップエ

2003/2/9
ラッペイエの作り方教わったよ

まちのティーショップしらべ / バンブーハウス

2003/2/3
まちのティーショップしらべ / モダン

まちのティーショップしらべ / トウキョウシンジュク

2003/2/1
まちのティーショップしらべ / モーニングスター

まちのティーショップしらべ / ラーイエッ

2003/1/27
まちのティーショップしらべ / ユミコ

まちのティーショップしらべ / サンカフェジュニア

2003/1/24
まちのティーショップしらべ / セインティンチャ

まちのティーショップしらべ / レッユエッスィン

2003/1/16
まちのティーショップしらべ / ラッキーセブン

まちのティーショップしらべ / はじめに

2003/1/12
障害を乗り越えて

2002/12/31
ビルマに野球を

2002/12/16
歴史カードを使わない国ミャンマー

2002/12/5
ビヤガーデンの楽しみ方 (2)

2002/11/17
ビヤガーデンの楽しみ方 (1)

2002/11/13
泥棒を招き入れた話

2002/8/6
ある若い夫婦の物語

2002/3/12
ジョウピンター村に行く4

ジョーピンター村に行く1〜3

2001/10/11
テテモウの謎 2

2001/10/9
象の足

水が出た!

エッセイページのトップへ

河の向こうは田舎
 by 木村 健一

 ヤ人口450万人と言われ、酸欠状態の人ひしめくヤンゴンに住んで、時として新鮮な空気、緑の田園を見たいと思う。ヤンゴン市は車で少しばかり行くと、すぐ大いなる田舎が隣り合わせに存在する。つまり、DOWNTOWNのみが建物、人、車、物が集中する傑出した特別な地区なのだ。そんな時、旅行ガイドブックには一行も書いていない一番近い田舎はDALAだろう。
 DOWNTOWNの南端、英語でStrand Rd.と書かれているが、土地の人はカンナー・ランと呼んでいる。ランとは道路の意味でミャンマー人はガイドブックにある英語名で道路を呼ぶ事は無い。そのカンナー・ランという大通りとヤンゴン河をはさんだ対岸がDALAである。橋がないのでDALAに行くにはSTRAND HOTELの前から、30分おきにフェリーが出ている。料金はたったの5チャット(約1.7円。これも外国人だとわかると1ドル取られる)で乗れる。他の場所からも15人乗り位の小舟が10チャットで随時運航している。
 DALAにはビルひとつ無い.暗くなるとかなり遠くにあるミャンマー随一のシュエダゴン・パゴダがライトアップされて金色に輝いて見える。
 河一本隔ててこれほど別世界になる場所もそうないだろう。日本的に言えば、新宿の横に過疎の村が広がっているようなものである。
 時々5チャットのフェリーに乗ってガス抜きにDALAへの小旅行を楽しんでいる。

(C) 木村 健一