国旗:日本 国旗:ミャンマー「ヤンゴンナウ」は1999年創業の日系旅行会社「サネイトラベル」がお届けするミャンマー総合情報サイト

  • 7年前、単身ミャンマーへ渡り、以来現地に身を置き激動の時代を生き抜く。企業・政府・マスコミ等との長年に渡るビジネスを通して培ったスキルや現地・日本の人脈をフルに活かした調査・進出コンサルティングは在ミャンマー日本人の中でも随一である。 Since 2001/1/1
  • facebook
  • twitter

ミャンマーを知る読みもの

ミャンマーパゴダ巡りの旅9日間

2 珍寺天国ミャンマー --メイラムパゴダ/ヤンゴン-- 2000/3/15
1 ミャンマーパゴダ巡りの旅9日間 2000/3/4

ミャンマーパゴダ巡りの旅9日間

by 珍 寺雄


ミャンマー観光といえば何といってもパゴダです。古い歴史のあるお寺の中にも意表を突く面白い仏像などがたくさんあっていくら見ても飽きることはありませんでした。スケジュールは以下の通り、

1日目 関空より直行便でヤンゴンへ。ヤンゴン泊
2日目 ヤンゴン市内観光。ヤンゴン泊
3日目 日帰りでバゴーへ。ヤンゴン泊
4日目 空路 マンダレーへ。マンダレー泊
5日目 チャーター車でサガインヒル経由、モンユアへ。モンユア泊
6日目 モンユア→マンダレーから空路バガンへ。バガン泊
7日目 ポッパ山&バガン観光。
        空路ヤンゴンへ、のはずがフライトキャンセルに遇いバガン泊
8日目 昼にようやく超満席でヤンゴンへ。夜バンコク経由で成田へ。
9日目 早朝、成田着。(ちなみにANAのBKK-NRTはテレビモニタ付きの777便。)
というわけで訪れたパゴダの数は約25ケ所。
個人的に感銘を受けたパゴダの中から、ベスト5を挙げてみましょう。

1位;タンボーディーパゴダ/モンユア
2位;ボウディータタウン/モンユア
3位;エインドーヤーパゴダ/マンダレー
4位;メイラムパゴダ/ヤンゴン
5位;シュエダゴンパゴダ/ヤンゴン

    その他、バガンやザガインなども極楽のような素晴らしい眺めでした。それとミャンマーの人達が皆、とても親切なのも印象的でした。

    辺鄙な地にある寺は見たいし、子連れだし、友人も加わっての5人旅行、とくれば車のチャーター&ホテル事前予約は不可欠!というわけでSANAYトラベルさんに依頼しての旅行となりました。

    メールでのやり取りは、ファックスのように通信費の心配がないため、心おきなく質問、交渉が出来ます。SANAYさんの出してくれた料金(9人乗りタウンエース)は、とても良心的で、懐の寂しい私達の”車のみチャーター”という申し出も快く引き受けてくださいました。(ちなみに日本の某旅行代理店が出した金額の約10分の1でした。)

    子供を連れた方には特におすすめ。寝てしまったり観光を嫌がっても、優しい運転手さんがみててくれます。また、素人旅行者が自力で探すのが困難な場所なんかも運転手さんがまわりに聞いて、探し当ててくれます。なんといっても短い期間でこれだけのスポットを巡ることが出来たのは、車チャーターのおかげです。道端でエンストしている満員のトラックバスとすれ違うたび、助かったーと心撫で下ろしました。

    また機会があったら是非行ってみたい国です。そのときはSANAYさん、また、お願いしますね。

© 珍 寺雄


    編集者より:珍 寺雄さんのホームページ、珍スポ大百科と珍寺大道場をぜひごらんください。驚くべきミャンマーの秘密があります。