国旗:日本 国旗:ミャンマー「ヤンゴンナウ」は1999年創業の日系旅行会社「サネイトラベル」がお届けするミャンマー総合情報サイト

  • 7年前、単身ミャンマーへ渡り、以来現地に身を置き激動の時代を生き抜く。企業・政府・マスコミ等との長年に渡るビジネスを通して培ったスキルや現地・日本の人脈をフルに活かした調査・進出コンサルティングは在ミャンマー日本人の中でも随一である。 Since 2001/1/1
  • facebook
  • twitter

ミャンマーを知る読みもの

Essay by Suzuki Yoshio 鈴木 芳雄のエッセイ

26 鈴木教授のマンダレー滞在記 その18 2001/9/2
25 鈴木教授のマンダレー滞在記 その17 2001/9/2
24 鈴木教授のマンダレー滞在記 その16 2001/8/28
23 鈴木教授のマンダレー滞在記 その15 2001/7/15
22 鈴木教授のマンダレー滞在記 その14 2001/6/28
21 鈴木教授のマンダレー滞在記 その13 2001/6/28
20 鈴木教授のマンダレー滞在記 その12 2001/4/12
19 鈴木教授のマンダレー滞在記 その11 2001/3/10
18 鈴木教授のマンダレー滞在記 その10 2001/3/7
17 鈴木教授のマンダレー滞在記 その9 2001/1/8
16 鈴木教授のマンダレー滞在記 その8 2001/1/8
15 鈴木教授のマンダレー滞在記 その7 2000/12/16
14 鈴木教授のマンダレー滞在記 その6 2000/12/16
13 鈴木教授のマンダレー滞在記 その5 2000/12/16
12 鈴木教授のマンダレー滞在記 その4 2000/10/5
11 鈴木教授のマンダレー滞在記 その3 2000/9/11
10 鈴木教授のマンダレー滞在記 その2 2000/8/8
9 鈴木教授のマンダレー滞在記 その1 2000/8/8
8 鈴木教授のヤンゴン日記 その5 2000/7/4
7 渡面後の近況報告 2000/5/9
6 鈴木教授のヤンゴン日記 その4 2000/5/4
5 鈴木教授のヤンゴン日記 その3 2000/4/5
4 鈴木教授のヤンゴン日記 その2 2000/3/22
3 鈴木教授のヤンゴン日記 その1 2000/3/8
2 日本への手紙(番外編) 2000/2/23
1 鈴木教授のヤンゴン日記(過去編)--その1-- 2000/2/22

渡緬後の近況報告

by 鈴木 芳雄


拝啓

    ミャンマーに戻ってから、早くも10日が過ぎました。着いた当初は暑気の真っ盛りを思わせる暑さで、夜中もクーラーをつけっぱなしでした。しかし4、5日前から雨が降り始め、全体に涼しい感じになってきました。それでも守衛所に寝泊りしている門番は外のたたきにダンボールを敷いて直に寝ています。屋内は暑いので、コンクリートの冷たさを楽しんでいるのでしょう。低い位置に一人用の蚊帳を巧みにつっています。去年は気がつきませんでしたから、それだけ今年は暑いということでしょう。このまま雨期に入るのか、暑さがぶり返すのか、私にはわかりません。

    雨にあたると咲き始めるといわれるパダウが、大木いっぱいに小さな黄色い花をつけています。辺り一面に香気が漂い実に見事です。多くの女性がこの花の枝を髪に飾っている姿はなんとも南国的で、ミャンマーならではの風物詩です。

    今、私の心境は複雑です。私のマンダレー行きに関する正式な許可がいまだ下りていないのです。要路の人は「心配ない。大丈夫。」といってくれています。書類はキャビネットにかけられる案件の中にあるとのことです。ここまできたので一安心といいたいところですが、実はもっと切実な問題を抱えて困惑しています。ビザの期限が5月5日までで、あと5日しかないのです。本件は本年の1月初めに申請したので、ミャンマーに戻る4月20日までには決着するという前提で行動を起こしました。計算違いもいいところです。勿論八方に手をつくしていますが、この先どうなるのか、どうすればよいのか見当もつきません。HERE IS MYANMAR.をひしひしと感じています。2年間の滞在でこういうことにはすっかり馴れたので、あまり深刻には受けとめていませんが、楽しむという域には達していません。学習効果はまだまだといったところです。

    幸いなことに、学校の勤務は終わりましたが、従来通り寮に住むことは許されているので、兎に角ここで頑張るつもりです。早急にビザの問題をクリアーしなければなりません。ここでつまづくと、日本への帰国も視野に入れる必要が出てきます。ビザが済めば、安心して許可待ちに移れます。許可が下り次第ただちにマンダレーに行くという手順です。

    ここ1、2ヶ月は居所が流動的になりそうですが、落ち着いたら改めてご連絡を差し上げます。もしその間、私宛お便りをくださる場合は学校 (Japanese Department UFL-Yangon) 宛にお願いします。この寮 (Narai Hall) には手紙の転送能力がありません。

    外は激しい雨です。思いつくまま近況をお知らせしました。次回は朗報をお伝えしたいと思っています。益々のご活躍をお祈りして終わります。

敬具

(C) 鈴木 芳雄