国旗:日本 国旗:ミャンマー「ヤンゴンナウ」は1999年創業の日系旅行会社「サネイトラベル」がお届けするミャンマー総合情報サイト

  • 7年前、単身ミャンマーへ渡り、以来現地に身を置き激動の時代を生き抜く。企業・政府・マスコミ等との長年に渡るビジネスを通して培ったスキルや現地・日本の人脈をフルに活かした調査・進出コンサルティングは在ミャンマー日本人の中でも随一である。 Since 2001/1/1
  • facebook
  • twitter

ミャンマーを知る読みもの

Essay by Suzuki Yoshio 鈴木 芳雄のエッセイ

26 鈴木教授のマンダレー滞在記 その18 2001/9/2
25 鈴木教授のマンダレー滞在記 その17 2001/9/2
24 鈴木教授のマンダレー滞在記 その16 2001/8/28
23 鈴木教授のマンダレー滞在記 その15 2001/7/15
22 鈴木教授のマンダレー滞在記 その14 2001/6/28
21 鈴木教授のマンダレー滞在記 その13 2001/6/28
20 鈴木教授のマンダレー滞在記 その12 2001/4/12
19 鈴木教授のマンダレー滞在記 その11 2001/3/10
18 鈴木教授のマンダレー滞在記 その10 2001/3/7
17 鈴木教授のマンダレー滞在記 その9 2001/1/8
16 鈴木教授のマンダレー滞在記 その8 2001/1/8
15 鈴木教授のマンダレー滞在記 その7 2000/12/16
14 鈴木教授のマンダレー滞在記 その6 2000/12/16
13 鈴木教授のマンダレー滞在記 その5 2000/12/16
12 鈴木教授のマンダレー滞在記 その4 2000/10/5
11 鈴木教授のマンダレー滞在記 その3 2000/9/11
10 鈴木教授のマンダレー滞在記 その2 2000/8/8
9 鈴木教授のマンダレー滞在記 その1 2000/8/8
8 鈴木教授のヤンゴン日記 その5 2000/7/4
7 渡面後の近況報告 2000/5/9
6 鈴木教授のヤンゴン日記 その4 2000/5/4
5 鈴木教授のヤンゴン日記 その3 2000/4/5
4 鈴木教授のヤンゴン日記 その2 2000/3/22
3 鈴木教授のヤンゴン日記 その1 2000/3/8
2 日本への手紙(番外編) 2000/2/23
1 鈴木教授のヤンゴン日記(過去編)--その1-- 2000/2/22

鈴木教授のヤンゴン日記 --その4--

by 鈴木 芳雄


2000年4月20日記
再渡緬

    2000年4月20日午前6時、家内の運転で家を出る。今にも雨が降り出しそうな空模様。

    直行便が無くなり、久しぶりに成田からの出国でいろいろ戸惑う。スカイビルの車寄せから小雨のなかをカートを押して2階へ上がる。不安そうに車から眺めているであろう家内の目を背中に感じる。YCATでチェックインを済ませスーツケースを預けたが、それでもまだ背にザック、両手に紙袋とボストンといったいでたち。バス乗場に急ぐ。最初、路線バスの列に並んでしまい、それらしいリムジンバスが少し離れたところに止まるのを見て、はじめて間違いに気づく始末。バスは約1時間半の走行で空港エリアに入る。うつらうつらしていたら、車内放送が何とかウイング、何とかターミナルと停車する順番を知らせているのが聞こえた。どこで下りるべきか分からずまごつく。幸い隣席に空港勤務者がいて、目指す所が最初の停車位置と分かり、無事成田空港に下り立つ。

    出国手続きを済ませたところで、家内に電話を入れる。次いで簡単な朝食をと思い、うどん、そばの看板につられて場違いな店に立ち寄る。そばを注文したが、期待外れの味で後悔する。

    フライトは定刻10時に飛び立ち、機上の人となる。座席はほぼ満席、3人座席の通路側、しかも真中が空席なのでゆったりと座ることができた。安定飛行に移ると、ただちに食事が供され、思いもよらず、朝から一杯となる。ブランデーマリー、赤ワイン、白ワインと杯を重ねる。またしてもそばを食べたことが悔やまれる。

    食後いつの間にか窓のシェードが下ろされ、機内が暗くなり、一気に眠気がひろがる。ぐっすりとはいかなかったが、ほどよく眠る。何回か目を覚まし、みるともなく折から上映中の映画を見たりする。

    急に機内が明るくなり、バンコク到着を知らせるアナウンスを聞く。6時間半の飛行時間はそんなに長くは感じなかった。乗り継ぎ時間がたっぷりあるので、落ち着いて機外に出る。通い慣れた空港内の通路をカートを押しながら歩く。人混みの具合、周りの様子は1ヶ月前と全く同じ。

    先ずテレビモニターの画面をみてミャンマー行きフライトのゲートを確認する。そして通路の上部にある案内板を頼りに、当該ゲートに向かう。指示通りに階段を下りたら、辺りの様子が一変し、大いに驚く。かなり広い空間ながら全体に薄暗い感じ。沢山のゲートが屋外に向かって並び、さながらバス発着所の体。外はまだ明るい時間帯だが、バスの乗り場に大きな屋根が張り出していて全体を暗くしている。時間の経過とともに各ゲートには大勢の人達が並び、次々にバスに吸い込まれていく。集まって来る人の中に、インド系、アラブ系らしき人が目立つのは、フライトの行き先がその方面ということか・・・。本を読んだりして時間を潰したが、あっという間に3時間の待ち時間が過ぎた。

    大分長い距離をバスで走ったような気がする。機内に入り着席した時分から暑さを感じるようになる。周りは以外にも日本人が多く、一寸驚く。飛行時間はわずか1時間。この間とても忙しい思いをする。隣にいた日本人が手慣れた様子で到着カードを乗務員に請求し、前座席の背にあるテーブルも出さずに、空中で書き始めた。咄嗟に自分も書かねばと思い当たり慌てて請求する。機体が平行になるかならぬかのうちに食事が運ばれてきた。 ワインが出るに及んで乗客も乗務員もてんやわんや。大急ぎで食べ終え、食器が片づくのも待てずに、テーブルの隅で到着カードの記入を始める。飛行機が下降するのも気づかず書き続け、テーブルをもとの位置に戻すよう乗務員から強くアピールされ、大いに恐縮する。ヤンゴンの空がようやく暮れようとする18時半、タラップを下りる。外はむっとする熱気で、ミャンマー到着を実感する。入国手続きの係官は好意的で、到着カードの不備を丁寧に訂正し当然のようにパスさせてくれた。それとは反対に、荷物の受け取りはかなり手間取る。ターンテーブルの終わり近く、やっと荷物が出てきた。カバンの外側にチョークで×印がかかれていて通関の際開けさせられた。当該物は調理用ハサミ。機内持ち込み荷物のなかに入れては問題になるので、わざわざスーツケースに入れたのに・・・。この辺がミャンマーのミャンマーたる所以。迎えの友人が待合室から心配そうに見ていた。

(C) 鈴木 芳雄