国旗:日本 国旗:ミャンマー「ヤンゴンナウ」は1999年創業の日系旅行会社「サネイトラベル」がお届けするミャンマー総合情報サイト

  • 7年前、単身ミャンマーへ渡り、以来現地に身を置き激動の時代を生き抜く。企業・政府・マスコミ等との長年に渡るビジネスを通して培ったスキルや現地・日本の人脈をフルに活かした調査・進出コンサルティングは在ミャンマー日本人の中でも随一である。 Since 2001/1/1
  • facebook
  • twitter

ミャンマーを知る読みもの

Essay by Suzuki Yoshio 鈴木 芳雄のエッセイ

26 鈴木教授のマンダレー滞在記 その18 2001/9/2
25 鈴木教授のマンダレー滞在記 その17 2001/9/2
24 鈴木教授のマンダレー滞在記 その16 2001/8/28
23 鈴木教授のマンダレー滞在記 その15 2001/7/15
22 鈴木教授のマンダレー滞在記 その14 2001/6/28
21 鈴木教授のマンダレー滞在記 その13 2001/6/28
20 鈴木教授のマンダレー滞在記 その12 2001/4/12
19 鈴木教授のマンダレー滞在記 その11 2001/3/10
18 鈴木教授のマンダレー滞在記 その10 2001/3/7
17 鈴木教授のマンダレー滞在記 その9 2001/1/8
16 鈴木教授のマンダレー滞在記 その8 2001/1/8
15 鈴木教授のマンダレー滞在記 その7 2000/12/16
14 鈴木教授のマンダレー滞在記 その6 2000/12/16
13 鈴木教授のマンダレー滞在記 その5 2000/12/16
12 鈴木教授のマンダレー滞在記 その4 2000/10/5
11 鈴木教授のマンダレー滞在記 その3 2000/9/11
10 鈴木教授のマンダレー滞在記 その2 2000/8/8
9 鈴木教授のマンダレー滞在記 その1 2000/8/8
8 鈴木教授のヤンゴン日記 その5 2000/7/4
7 渡面後の近況報告 2000/5/9
6 鈴木教授のヤンゴン日記 その4 2000/5/4
5 鈴木教授のヤンゴン日記 その3 2000/4/5
4 鈴木教授のヤンゴン日記 その2 2000/3/22
3 鈴木教授のヤンゴン日記 その1 2000/3/8
2 日本への手紙(番外編) 2000/2/23
1 鈴木教授のヤンゴン日記(過去編)--その1-- 2000/2/22

鈴木教授のヤンゴン日記 --その3--

by 鈴木 芳雄


2000年4月2日記
朝練(あされん)

    近所の森で鳴いているこじゅけいの声で目をさます。時計の針は五時半を指し、外はすっかり明るくなっていた。ここ三日ばかり飲み会が続き、いささか疲れ気味ながら、きつい気になって起き出す。廊下の気温は14度C。パジャマを脱ぎ、ふるえながら体重計にのる。58.5kg。ミャンマーから帰った時が57kgだったので、この20日間で1.5kg増えた勘定になる。日本滞在中に目方が増え、海外生活に移ると3kgぐらい減るというのが従来のパターン。やはり外地での一人暮らしは、どうしても粗食になるということか。

    ひげを剃り、歯を磨き顔を洗ってさっぱりしてから朝練を始める。この朝練というのは自分で開発し、30年間継続している体の鍛錬メニュー。先ず両手を後頭部で組み、仰向けに寝て両膝を立てたまま腹筋運動をする、それから腕立て伏せをする。回数はそれぞれ20回。さらに両腕の屈伸を伴う肩胛骨の回転 、首の運動、かかとを上げずに両膝を深く屈伸する運動、そして両手を椅子の背にかけて足のふくらはぎを伸ばす運動と続ける。ここまでを室内でおこない、後は屋外に出てラジオ体操の第1と第2をやる。そして速歩に出かける。速歩は約10000歩、所要時間70分というもので雨天は取り止める。従来はジョッギングをしていたが3年前から速歩に切り替えた。中国でもミャンマーでも続けているが、ミャンマーでは乾季は勿論、雨季でも早朝の時間帯は余り雨が降らないので、取り止めはほとんどない。速歩のコースは毎日同じで変えないことを原則としているが、海外でこのような行動パターンを取るのは危険と承知していながらも、習慣でなかなか変えられないのが実状。

    それはさておき、いつもの通り歩き始める。今日は何となく肌寒く感じられ、手も冷たくなり、甲をこすりあわせながら歩く始末。やがて桜の名所尾根道緑道に出る。老木は三分咲き、若木は一分咲き若しくは未開花といったところ。早朝ゆえ人通りもなく、体も温まってきて十分に花見を堪能する。尾根道を外れても、このコースは四季折々に樹木や草花が変化し目を楽しませてくれる。帰宅して朝食。そして一日が始まる。

    健康の秘訣などという大袈裟なものではないが、敢えてあげれば二つある。一つは長年にわたる早起きの習慣、そして今一つは晩酌です。この40年間晩酌を楽しんできて、今も欠かしません。酒は百薬の長といいますから、適量なら誠に有効。この二つに支えられて今の私があるのでしょう。若い時にはしばしば午前様となり、朝起きられないといった、だらしないこともありましたが、よくくじけずにきたものだと、変なところで感心しています。

    ミャンマーには酒を飲む習慣がありません。従ってミャンマー人の知人友人と一寸一杯とか、宴会をするといったチャンスはありません。その点がとても淋しいですが、よくしたもので酒というのは一人でも複数でも楽しくやれるものなのです。何だかこじつけのようですが、いつの間にか環境に順応する習性が身についたいうことでしょう。

(C) 鈴木 芳雄