国旗:日本 国旗:ミャンマー「ヤンゴンナウ」は1999年創業の日系旅行会社「サネイトラベル」がお届けするミャンマー総合情報サイト

  • 7年前、単身ミャンマーへ渡り、以来現地に身を置き激動の時代を生き抜く。企業・政府・マスコミ等との長年に渡るビジネスを通して培ったスキルや現地・日本の人脈をフルに活かした調査・進出コンサルティングは在ミャンマー日本人の中でも随一である。 Since 2001/1/1
  • facebook
  • twitter

ミャンマーを知る読みもの

Essay by Suzuki Yoshio 鈴木 芳雄のエッセイ

26 鈴木教授のマンダレー滞在記 その18 2001/9/2
25 鈴木教授のマンダレー滞在記 その17 2001/9/2
24 鈴木教授のマンダレー滞在記 その16 2001/8/28
23 鈴木教授のマンダレー滞在記 その15 2001/7/15
22 鈴木教授のマンダレー滞在記 その14 2001/6/28
21 鈴木教授のマンダレー滞在記 その13 2001/6/28
20 鈴木教授のマンダレー滞在記 その12 2001/4/12
19 鈴木教授のマンダレー滞在記 その11 2001/3/10
18 鈴木教授のマンダレー滞在記 その10 2001/3/7
17 鈴木教授のマンダレー滞在記 その9 2001/1/8
16 鈴木教授のマンダレー滞在記 その8 2001/1/8
15 鈴木教授のマンダレー滞在記 その7 2000/12/16
14 鈴木教授のマンダレー滞在記 その6 2000/12/16
13 鈴木教授のマンダレー滞在記 その5 2000/12/16
12 鈴木教授のマンダレー滞在記 その4 2000/10/5
11 鈴木教授のマンダレー滞在記 その3 2000/9/11
10 鈴木教授のマンダレー滞在記 その2 2000/8/8
9 鈴木教授のマンダレー滞在記 その1 2000/8/8
8 鈴木教授のヤンゴン日記 その5 2000/7/4
7 渡面後の近況報告 2000/5/9
6 鈴木教授のヤンゴン日記 その4 2000/5/4
5 鈴木教授のヤンゴン日記 その3 2000/4/5
4 鈴木教授のヤンゴン日記 その2 2000/3/22
3 鈴木教授のヤンゴン日記 その1 2000/3/8
2 日本への手紙(番外編) 2000/2/23
1 鈴木教授のヤンゴン日記(過去編)--その1-- 2000/2/22

鈴木教授のヤンゴン日記 --その2--

by 鈴木 芳雄


2000年3月22日(水)記
一時帰国(その1)

    3月13日、朝 帰国。ヤンゴンからの直行便で関空・羽田と乗り継いだが空港内だけの移動だったせいか、寒いという感じはなく、むしろ暖かいとさえ思えた。これが半年ぶりに日本に着いた第一印象だが、時間の経過とともに寒くなり夜には風もでて、震え上がる。「早春賦」の歌詞を思い出し、昔も今も変わらないのだと変なところで感心する。また空港のトイレでも自宅に着いてからでもそうだが、水道水の冷たさが異様に感じられる。この時期の帰国は2年ぶりなので、南国生活に馴れた体が大いに戸惑っているということか。それとも何よりも深刻なのは花粉症の問題。帰国の翌日あたりから鼻水とくしゃみに悩まされ、目も痛痒くしょぼしょぼする始末。そもそも花粉症では長年苦しんできたが、この2・3年、中国・ミャンマーと行き来しているうちにいつの間にか意識から外れていた。それが帰国により、折からの大流行で再発したもの。

    3月といえばヤンゴンは寒気から暑気に移る時期で、日に日に暑さが増し、4月中旬の水祭りの頃それがピークに達する。この暑さを避ける意味で、学校は夏休みとなる。私の帰国も一つにはそれにあわせてのものだが、この時期、日本に花粉症という伏兵がいることをすっかり忘れていたのは何ともうかつな話。来年からは再考の要あり。

    食品スーパーに買い物に出かけたが、その明るさと清潔さに圧倒される。とりわけ鮮魚コーナーは眺めているだけで楽しく、ヤンゴンとの違いに思いを馳せ、ただただ感激する。ヤンゴンのスーパーの場合、室内でも露天でも同じだが売場即調理場には水の設備など一切なし。売り手はその場に座り込んで、名も知らない大ぶりな川魚の鱗をせっせとかきおこし、荒っぽく切り分けて売るだけで、とても食欲を刺激する光景とはいえない。

    ヤンゴンも今や車社会の体をなしていて沢山の車が行き交っている。自家用車のナンバープレートは黒、タクシーは赤、そして大使館専用車は白と分かれている。日本の場合、白は自家用車と決まっている。久しぶりに車を運転して、一瞬何と大使館の車が多いことかと錯覚にとらわれ、「あっ!ここは日本だ」と思わず苦笑する。ミャンマーぼけもこのくらいで治まってくれればよいのだが・・・。

    帰国して早速、関係方面に挨拶状を出した。その返事として今日、或先輩夫人から電話が入り、「主人は昨年暮れに急逝した」との訃報に接す。ただ唖然として諸行無常を痛感。再渡緬を前に健康管理の重要性を再認識する。

(C) 鈴木 芳雄