国旗:日本 国旗:ミャンマー「ヤンゴンナウ」は1999年創業の日系旅行会社「サネイトラベル」がお届けするミャンマー総合情報サイト

  • 7年前、単身ミャンマーへ渡り、以来現地に身を置き激動の時代を生き抜く。企業・政府・マスコミ等との長年に渡るビジネスを通して培ったスキルや現地・日本の人脈をフルに活かした調査・進出コンサルティングは在ミャンマー日本人の中でも随一である。 Since 2001/1/1
  • facebook
  • twitter

ミャンマーを知る読みもの

Essay by Suzuki Yoshio 鈴木 芳雄のエッセイ

26 鈴木教授のマンダレー滞在記 その18 2001/9/2
25 鈴木教授のマンダレー滞在記 その17 2001/9/2
24 鈴木教授のマンダレー滞在記 その16 2001/8/28
23 鈴木教授のマンダレー滞在記 その15 2001/7/15
22 鈴木教授のマンダレー滞在記 その14 2001/6/28
21 鈴木教授のマンダレー滞在記 その13 2001/6/28
20 鈴木教授のマンダレー滞在記 その12 2001/4/12
19 鈴木教授のマンダレー滞在記 その11 2001/3/10
18 鈴木教授のマンダレー滞在記 その10 2001/3/7
17 鈴木教授のマンダレー滞在記 その9 2001/1/8
16 鈴木教授のマンダレー滞在記 その8 2001/1/8
15 鈴木教授のマンダレー滞在記 その7 2000/12/16
14 鈴木教授のマンダレー滞在記 その6 2000/12/16
13 鈴木教授のマンダレー滞在記 その5 2000/12/16
12 鈴木教授のマンダレー滞在記 その4 2000/10/5
11 鈴木教授のマンダレー滞在記 その3 2000/9/11
10 鈴木教授のマンダレー滞在記 その2 2000/8/8
9 鈴木教授のマンダレー滞在記 その1 2000/8/8
8 鈴木教授のヤンゴン日記 その5 2000/7/4
7 渡面後の近況報告 2000/5/9
6 鈴木教授のヤンゴン日記 その4 2000/5/4
5 鈴木教授のヤンゴン日記 その3 2000/4/5
4 鈴木教授のヤンゴン日記 その2 2000/3/22
3 鈴木教授のヤンゴン日記 その1 2000/3/8
2 日本への手紙(番外編) 2000/2/23
1 鈴木教授のヤンゴン日記(過去編)--その1-- 2000/2/22

鈴木教授のマンダレー滞在記 その9

by 鈴木 芳雄


2000年12月22日記
外国語大学事情

    本年、ミャンマーにおける大学事情のハイライトは何といっても1996年に閉鎖された大学の再開でしょう。去年あたりから、何月には再開されるとまことしやかに噂が飛び交っていましたがなかなか実現せず、本年にいたりようやく医学関連の一部の専門大学を手始めに逐次再開される運びとなりました。

    現在、外国語大学はヤンゴンとマンダレーの2校です。ヤンゴン外国語大学は1964年に外国語学院として設立され、1996年に大学に昇格した老舗ですが、本学(マンダレー外国語大学)は1997年に設立されたばかりの新顔です。ヤンゴン外大は1996年の大学閉鎖騒動の際にはBACHELORコース(高卒者対象)は未開設でDIPLOMAコース(大卒者対象)だけでしたし、1997年に開校した本学もDIPLOMAコースのみの開設で、両校とも閉鎖による直接の影響は受けませんでした。しかし大学再開という昨今の動きの中で、両校とも新たに3年制(従来は4年制)のBACHELORコースの新設を義務付けられ、ヤンゴンはこの5月、本学はこの12月にそれぞれ高卒者を受け入れました。

    DIPLOMAコースの場合は学生たちの年齢も30歳前後と比較的高く、学習内容も選択した語学のみにとどまりますが、BACHELORこーすともなればその他に一般教養科目が加わります。即ち、ミャンマー語、英語、歴史、国際関係、哲学、論理学の6科目です。この新機軸により、今後は日本語科で学習する学生の中から将来の駐日大使が生まれるのも夢ではなくなりました。

    ミャンマーにおける大学進学は高校在学中の成績をもとに書類選考され、希望大学への合否が決まります。大学閉鎖中といえどもこの作業は続けられており、1997年以降も各大学は入学希望者を受け入れてきました。したがって各年度の高卒者はそれぞれ希望する大学へ登録はされたものの、そのまま自宅待機を余儀なくされたわけです。

    この12月に本学で受け入れたのは1997年度の高卒者で、以後3ヶ月毎に次年度者を受け入れていく予定になっています。日本語科に登録されているのは各年度50名づつですが、この12月に関する限り実際に入学してきた学生数は35~6名といったところです。

    このように今ミャンマーでは大学再開がしゅくしゅくと進行していますが、受け入れ当局の学校側は大変です。本学の場合も、11月半ばから予定されていた1ヶ月の期末休暇が突然なくなったり、一般教養講座の開設が遅れたりとてんやわんやです。本件に限りませんが、この国では一般的に情報が下りてくるのが遅いといった恨みはあるようです。

    本学は開校して間がないこともあり、現在の総学生数は約300名と小規模ですが、今後は前述のように急激にふくらむ要素を抱えています。本学において現在開設されている科を学生数の多い順に並べると、日本語、英語、フランス語、中国語、韓国語、ドイツ語、ロシア語の7科です。中でも日本語科、英語科は各70名位で突出しています。ヤンゴン外大は現在、学生数1000名余(日本語科は約500名)で、この他にタイ語科、外国人向けのミャンマー語科があります。本学に隣国のタイ語科がないのとフランス語科に人気があるのは一寸面白い現象です。大方の予想では今後は中国語科の学生数が増えるだろうとされていますが、マンダレーという地域を考えると、さもありなんといったところでしょうか。この国の外国語大学の今後ますますの発展を願ってやみません。

(C) 鈴木 芳雄