国旗:日本 国旗:ミャンマー「ヤンゴンナウ」は1999年創業の日系旅行会社「サネイトラベル」がお届けするミャンマー総合情報サイト

  • 7年前、単身ミャンマーへ渡り、以来現地に身を置き激動の時代を生き抜く。企業・政府・マスコミ等との長年に渡るビジネスを通して培ったスキルや現地・日本の人脈をフルに活かした調査・進出コンサルティングは在ミャンマー日本人の中でも随一である。 Since 2001/1/1
  • facebook
  • twitter

ミャンマーを知る読みもの

Essay by Suzuki Yoshio 鈴木 芳雄のエッセイ

26 鈴木教授のマンダレー滞在記 その18 2001/9/2
25 鈴木教授のマンダレー滞在記 その17 2001/9/2
24 鈴木教授のマンダレー滞在記 その16 2001/8/28
23 鈴木教授のマンダレー滞在記 その15 2001/7/15
22 鈴木教授のマンダレー滞在記 その14 2001/6/28
21 鈴木教授のマンダレー滞在記 その13 2001/6/28
20 鈴木教授のマンダレー滞在記 その12 2001/4/12
19 鈴木教授のマンダレー滞在記 その11 2001/3/10
18 鈴木教授のマンダレー滞在記 その10 2001/3/7
17 鈴木教授のマンダレー滞在記 その9 2001/1/8
16 鈴木教授のマンダレー滞在記 その8 2001/1/8
15 鈴木教授のマンダレー滞在記 その7 2000/12/16
14 鈴木教授のマンダレー滞在記 その6 2000/12/16
13 鈴木教授のマンダレー滞在記 その5 2000/12/16
12 鈴木教授のマンダレー滞在記 その4 2000/10/5
11 鈴木教授のマンダレー滞在記 その3 2000/9/11
10 鈴木教授のマンダレー滞在記 その2 2000/8/8
9 鈴木教授のマンダレー滞在記 その1 2000/8/8
8 鈴木教授のヤンゴン日記 その5 2000/7/4
7 渡面後の近況報告 2000/5/9
6 鈴木教授のヤンゴン日記 その4 2000/5/4
5 鈴木教授のヤンゴン日記 その3 2000/4/5
4 鈴木教授のヤンゴン日記 その2 2000/3/22
3 鈴木教授のヤンゴン日記 その1 2000/3/8
2 日本への手紙(番外編) 2000/2/23
1 鈴木教授のヤンゴン日記(過去編)--その1-- 2000/2/22

鈴木教授のマンダレー滞在記 その2

by 鈴木 芳雄


2000年7月30日記
ほこり

    マンダレーは暑いところというのがヤンゴン在住者の共通認識です。来てみてよく分りました。山に囲まれた盆地になっていて、この時期、山の外側は大雨でも内側のマンダレーは空っ風が強いだけで雨はあまり降りません。昼間はその分暑いわけですが、夜は想像したより気温が下がり過ごしやすいです。

    マンダレーに着て先ず驚いたのは、埃がひどいということです。居室が4階で南向きなので、風通しがよく、最初は心地よい風と太平楽を言っていました。遠くに山が見えるだけで、周りには高いビルなどなく見渡す限り緑豊かな南国の大自然です。しかし気が付いてみたら部屋中埃だらけでした。

    原因は強い風と道路の状態にあるようです。王宮を中心にして東西南北に碁盤の目状に道路がつくられ、しかもその幅がなかなか広いのです。これが完全舗装されていれば問題ないのですが、舗装されているのは真中部分だけで、各道路とも両脇にかなりの未舗装部分があります。強い風にあらわれてこの部分から埃が舞い上がるようです。

    商店の前などでは、朝、水をまいている光景をみかけますが、それはほんの例外で大多数の人々はこの埃に全く無頓着のようです。例えば朝、清掃人が出て道路掃除をしていますが、もうもうたる砂埃をあげて作業をしています。本人はもとより周りも大変です。私はこれにぶつかると、息を止めるようにして足早で通り抜けます。時間はおおよそ6時前後ですが、すでに開けている商店や喫茶店もその中に巻き込まれています。誰も彼も平然としていて、迷惑げな顔をしている人など全く見当たりません。

    ここに越して来たときもそうでした。もうもうたる埃を巻き上げ、その埃にむせりながら部屋の掃除をしているのです。何故水をまこうとしないのか、不思議に思いながら遠巻にして見ていました。最後は雑巾掛けをしていましたが、存分に水を使わないので、乾くと元の木阿弥です。それを性懲りもなく繰り返す姿をみて文化の違いを実感しました。

    要するに水の問題なのです。「日本は水と安全は唯」といった人がいましたが、私達世代は雑巾掛け文化のなかで育ったと言ってもいいと思いますが、その背景には豊富な水資源があったればこそでしょう。埃がたつから水をまく、雑巾掛けのこつは頻繁な水替えといった日本の常識は日本にだけしか通用しないことがよく分りました。これも異文化体験の面白さといったところでしょうか・・・。

(C) 鈴木 芳雄