国旗:日本 国旗:ミャンマー「ヤンゴンナウ」は1999年創業の日系旅行会社「サネイトラベル」がお届けするミャンマー総合情報サイト

  • 7年前、単身ミャンマーへ渡り、以来現地に身を置き激動の時代を生き抜く。企業・政府・マスコミ等との長年に渡るビジネスを通して培ったスキルや現地・日本の人脈をフルに活かした調査・進出コンサルティングは在ミャンマー日本人の中でも随一である。 Since 2001/1/1
  • facebook
  • twitter

ミャンマーを知る読みもの

Essay by Suzuki Yoshio 鈴木 芳雄のエッセイ

26 鈴木教授のマンダレー滞在記 その18 2001/9/2
25 鈴木教授のマンダレー滞在記 その17 2001/9/2
24 鈴木教授のマンダレー滞在記 その16 2001/8/28
23 鈴木教授のマンダレー滞在記 その15 2001/7/15
22 鈴木教授のマンダレー滞在記 その14 2001/6/28
21 鈴木教授のマンダレー滞在記 その13 2001/6/28
20 鈴木教授のマンダレー滞在記 その12 2001/4/12
19 鈴木教授のマンダレー滞在記 その11 2001/3/10
18 鈴木教授のマンダレー滞在記 その10 2001/3/7
17 鈴木教授のマンダレー滞在記 その9 2001/1/8
16 鈴木教授のマンダレー滞在記 その8 2001/1/8
15 鈴木教授のマンダレー滞在記 その7 2000/12/16
14 鈴木教授のマンダレー滞在記 その6 2000/12/16
13 鈴木教授のマンダレー滞在記 その5 2000/12/16
12 鈴木教授のマンダレー滞在記 その4 2000/10/5
11 鈴木教授のマンダレー滞在記 その3 2000/9/11
10 鈴木教授のマンダレー滞在記 その2 2000/8/8
9 鈴木教授のマンダレー滞在記 その1 2000/8/8
8 鈴木教授のヤンゴン日記 その5 2000/7/4
7 渡面後の近況報告 2000/5/9
6 鈴木教授のヤンゴン日記 その4 2000/5/4
5 鈴木教授のヤンゴン日記 その3 2000/4/5
4 鈴木教授のヤンゴン日記 その2 2000/3/22
3 鈴木教授のヤンゴン日記 その1 2000/3/8
2 日本への手紙(番外編) 2000/2/23
1 鈴木教授のヤンゴン日記(過去編)--その1-- 2000/2/22

鈴木教授のマンダレー滞在記 その18

by 鈴木 芳雄


2001年6月2日記
総括 II

    住に入る前に、食についてもう一つ。本学における各科コースにはそれぞれ時間割がありますが、いずれの場合も、これらの時間割りには昼食時間とか昼休みというものが考慮されていません。若い先生達が日頃から時間に関係なく、のべつ食事をしているように見える光景と二重写しになり、ミャンマーには1日三食という習慣が定着していないのではないかという、大胆な予測も的外れではないような気がします。

    マンダレーの市内には大小様々な建物が建てていますが、ホテルを別にしてエレベータを使わなければならないような高層なものは殆どありません。せいぜい5-6階止まりで鉄筋コンクリートではなく、鉄筋レンガ積みといったところが特徴です。一般家屋は瓦をのせた豪壮なものから。トタン屋根葺き、竹葺き、果ては掘っ立て小屋にいたるまでまちまちです。農家でもないのに、牛や馬と一緒に住んでいるようなたたずまいを持った家も所によっては散見されます。ダウンタウンのような繁華街以外の住宅地で、よく見られるのは竹製住宅です。屋根も側壁中切りも総て竹で編んだ板状のものが使用されていて、外観はがっしりしたものです。ある地域などはそんな家が密集していて壮観でした。しかし当然、火には弱く火事ともなると一溜まりもなく地域全体に被害が及ぶようです。農村地帯に入ると、家の様子は一変します。高床式が普通で屋根も茅のような長い素材で葺かれています。夜ともなると、遠目には真っ暗で電気の普及末だしを実感します。もっともこの暗さはミャンマー全体のもので、都会生活においても停電が恒常化していて、明るい夜の到来にはまだまだ時間がかかりそうです…。

    最後にミャンマー人の気質についてです。一言でいうと日本人には思い当たる節が多いと思います。特に戦前の地域社会とりわけ農村社会との類似点、共通点は多いと思います。ミャンマー社会は噂社会と言えるでしょう。噂といっても悪い部分に重点を置いたものが圧倒的で、その伝達速度の早さには舌をまきます。嫉妬心が強く、自己中心的で他人を誉めるなどということは滅多にありません。ひとをけなすに当たり、よくそんな発想になれるものと、その想像力の豊かさにあきれるばかりです。時間を守らないことも天下一品です。この時間に関しては、中国の経験も含めて、世界では守らないのが普通で、異常にこだわる日本人こそ可笑しいと思うようになりました。日本人が日本で時間を大事にするのは当然ですが、その観念を国外に持ち出して、正当性を主張するのは滑稽です。日本でも時間を大事にするようになったのは40-50年ではないでしょうか。世の中の変化と共に価値観も変わり,今日があるのだと思います。経済行為など、特殊な場面では国際的な統一基準が必要とされますが、日常生活における価値観には名国固有のものがあるのは当然で、日本の尺度など通用しません。一寸脱線気味ですが、他人に迷惑をかけないとか思い遣りとかが、美徳として独り歩きをするようになった日本の将来が気になるところです。

    つい先日、幹部の女の先生が入院することになり、その朝、手伝いに行った若い女の先生が犬に噛まれるという事故が起きました。犬に噛まれた先生も手当の後、学校を休んで寮にいます。病院には手の空いている若い先生と女子学生が泊り込み、寮の方にも食事を運び込むという二重の手間をかけています。この面倒見の良さと心遣いは正に驚きでした。前述べした噂社会の住人の行為と矛盾しているようにも見えますし、一旦緩急の場合、誠意を尽くすというミャンマー人の隠れた本質が現れたものとも解釈できます。勿論、今は、後者であること確信して本稿を終了します。

(C) 鈴木 芳雄