国旗:日本 国旗:ミャンマー「ヤンゴンナウ」は1999年創業の日系旅行会社「サネイトラベル」がお届けするミャンマー総合情報サイト

  • 7年前、単身ミャンマーへ渡り、以来現地に身を置き激動の時代を生き抜く。企業・政府・マスコミ等との長年に渡るビジネスを通して培ったスキルや現地・日本の人脈をフルに活かした調査・進出コンサルティングは在ミャンマー日本人の中でも随一である。 Since 2001/1/1
  • facebook
  • twitter

ミャンマーを知る読みもの

Essay by Suzuki Yoshio 鈴木 芳雄のエッセイ

26 鈴木教授のマンダレー滞在記 その18 2001/9/2
25 鈴木教授のマンダレー滞在記 その17 2001/9/2
24 鈴木教授のマンダレー滞在記 その16 2001/8/28
23 鈴木教授のマンダレー滞在記 その15 2001/7/15
22 鈴木教授のマンダレー滞在記 その14 2001/6/28
21 鈴木教授のマンダレー滞在記 その13 2001/6/28
20 鈴木教授のマンダレー滞在記 その12 2001/4/12
19 鈴木教授のマンダレー滞在記 その11 2001/3/10
18 鈴木教授のマンダレー滞在記 その10 2001/3/7
17 鈴木教授のマンダレー滞在記 その9 2001/1/8
16 鈴木教授のマンダレー滞在記 その8 2001/1/8
15 鈴木教授のマンダレー滞在記 その7 2000/12/16
14 鈴木教授のマンダレー滞在記 その6 2000/12/16
13 鈴木教授のマンダレー滞在記 その5 2000/12/16
12 鈴木教授のマンダレー滞在記 その4 2000/10/5
11 鈴木教授のマンダレー滞在記 その3 2000/9/11
10 鈴木教授のマンダレー滞在記 その2 2000/8/8
9 鈴木教授のマンダレー滞在記 その1 2000/8/8
8 鈴木教授のヤンゴン日記 その5 2000/7/4
7 渡面後の近況報告 2000/5/9
6 鈴木教授のヤンゴン日記 その4 2000/5/4
5 鈴木教授のヤンゴン日記 その3 2000/4/5
4 鈴木教授のヤンゴン日記 その2 2000/3/22
3 鈴木教授のヤンゴン日記 その1 2000/3/8
2 日本への手紙(番外編) 2000/2/23
1 鈴木教授のヤンゴン日記(過去編)--その1-- 2000/2/22

鈴木教授のマンダレー滞在記 その10

by 鈴木 芳雄


2001年1月13日記
感覚

    朝の室温が25度を下回るようになった11月末ぐらいから、散歩から帰っても汗ばむことがなくなったので朝の水浴びは止めてしまい、今は1日1回夕方の4時から5時の間に行っています。室内に汲みおいてある水ですから最初の2~3杯は浴びた瞬間ぶるっときますが後は冷たいとか寒いとかいう感じはありません。ミャンマーに来た当初にくらべ体が馴れてきたということでしょう。しかし年寄りの冷水を絵に描いたような場面であることには変わりありませんし、いかにも現在の在り方を象徴しているようで、苦笑してしまいます。

    いつの間にか水浴びを始めて2年半がたちました。たまに日本に帰ったりホテルに泊まったりして、久し振りに風呂に入ると、大して熱くない湯でも体がひりひりして飛び上がるほどです。とくに背中がひどく、肩までつかるのに一苦労です。こんなことになるとは想像もしていなかっただけに、感覚の変化を実体験してただただ驚くばかりです。

    5時半から6時半にかけての、まだ暗い朝の散歩時のことです。気温は多分20度前後といったところでしょう。道行く人々、といっても大概は自転車に乗っていますが、たくさん着込んで、マフラーかバスタオルのようなもので頭から肩を覆い、実に寒そうにしている人達がいます。比較的簡単な装いの人も、多くは少し厚手の短い布で頬被りをしています。しかし足元はというと、皆同じようにすけすけで、素足にスリッパ(日本のゴム草履のようなもの)と上半身とは対照的です。私の方は、長袖のスポーツシャツにサマーセーター、下は木綿の長ズボンにズックというスタイル。手袋が欲しいなと思うことはありますが、とりたてて寒いとは感じません。一寸話はそれますが、ヤンゴンに住んでいる時はこの同じ時期、上はランニングシャツ1枚、下は短パンツでしたからマンダレーはヤンゴンに比べていかに寒いかということが分かります。

    朝9時前後に大学に出かけます。Yシャツに毛糸のベスト。ノーネクタイというのが私の服装です。学生達は厚手のセーターの上にジャンパーかアノラックのようなものを着込んでいます。バイクに乗っている連中の中には皮ジャンなんていうのもいます。学内にいる若い女の先生を見ていて思うのですが、彼女らはとてもおしゃれです。地味なものからカラフルなものまで幾とおりもの衣装をもっているようで、毎日取り替えては周りと競っているようです。一般的にいって、暑い時期の服装は単純なものになりがちですが、寒い時期ともなれば懐具合で衣装の持ち方に変化が生じます。男女を問わずその辺をアピールしているのではないかと思わせる場面によく出会います。

    昼食のあと、いつの間にか朝の涼しさはなくなり何となく暑くなるので、ベストを脱ぎます。ところがミャンマーの人達は朝のスタイルをそのまま続けています。暑さ云々とは別に、外の空気を入れたいという気持ちも手伝って、私は後ろの窓をいつも開けていますが、ミャンマー人にとってはそこから入るわずかな風の動きも気になるようです。午後になっても皮ジャンパーを着たまま隣席のパソコンに向かっている若い先生もいます。

    この時期になると先ず頭部に寒さを感じるようで、被りものを着用している人が目につきます。特に朝方、若い女性は耳まで隠れるような毛糸の帽子、中年以上の女性は厚手の布を頭の上に器用に巻き付けて行動しています。朝の散歩に出る時、気が付くのですが寮の番人などは寝ている時も頬被りをし、更に毛糸を頭の上まで引き上げてくるまっています。頭も手足も露出している部分はありませんが当然のことのように、蚊帳をつっています。雪国を思わせる防寒対応と蚊帳という取り合わせが面白い今日この頃です。

(C) 鈴木 芳雄